U-20日本代表・久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

トップデビューでフィーバー、米メディア「世界的スターがJにやってきたのかと…」

 FC東京U-18に所属するU-20日本代表FW久保建英は、3日のルヴァン杯・札幌戦(味の素スタジアム)で、15歳ながらトップチームの公式戦デビューを果たした。国内で大きな話題を呼んだが、日本の天才少年の躍動は海を越え、海外でも注目を浴びている。

「ジャパニーズ・メッシ、タケフサ・クボが大舞台へ」と報じたのは、米「FOXスポーツ」だ。

 記事では、15歳の公式戦デビューに多数のカメラ、報道陣が殺到したことを紹介している。

「世界的なスーパースターがJリーグにやってきたのかとすら思うだろうが、これはすべて日本のみならずアジアでも屈指と目されている若手選手のデビュー戦のためだ」

 異例の注目を集めていることを伝えている。

 また、小学校時代にバルセロナ(スペイン)の下部組織に加入し、バルセロナでプレーした約3シーズンでメッシを引き合いに出されることになったキャリアを紹介。「いい選手になりたいだけではなく、世界一の選手になりたい」という過去のコメントも伝え、この年代の日本人選手としては珍しい意思表示であることを述べている。

飛び級出場のU-20W杯でさらに注目「世界中からの目が彼に向けられるだろう」

 試合では直接フリーキックを放ち、ファンを沸かせたが、ゴールを奪えなかった。

「彼は観衆が期待していたゴールを決めることはできなかったが、決して失望はさせなかった。研ぎ澄まされた、プロフェッショナルとしてのパフォーマンスを披露した」

 このように記し、15歳ながら躍動したプレーを「プロフェッショナル」と称賛した。

 そして、今後については飛び級で招集されたU-20W杯(韓国・20日開幕)に注目。「世界中からの目が、今年半ばのU-20ワールドカップで彼に向けられることだろう」と述べた上で「挨拶代わりのこのプレーは、これまでの前評判を確かなものとし、タケフサ・クボの名前はアジアのサッカーファンのみならず、その先々でも今後耳にすることになるだろう」と予測している。

 15歳にして世界の注目を集めている久保。日本の至宝は今後、どんな成長曲線を描き、ファンを楽しませてくれるのか。目が離せそうにない。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer