コン・ユ「百想芸術大賞」で最優秀男優賞を受賞し涙…“この場に立つのがすごく怖かった”

写真拡大

コン・ユが「百想芸術大賞」で最優秀演技賞を受賞して涙を見せた。

3日、ソウル江南(カンナム) 区三成洞(サムソンドン) COEX Dホールで開催された「第53回百想芸術大賞授賞式」のテレビ部門最優秀男優賞はtvN「鬼」のコン・ユに輝いた。誰がもらっても異論がないようなそうそうたる候補の中から得た貴重な結実だった。

テレビ部門最優秀男優賞はtvN「鬼」のコン・ユのものとなった。「鬼」でコン・ユは不滅の人生を生きるわびしく燦爛な鬼役を務めて、韓国に「鬼」シンドロームを巻き起こした。

コン・ユは「数ヶ月前までもわびしく燦爛な神だったが、今はすごく柔弱な人間に戻ってきた。僕を長い間気にして、僕に愛情を送ってくださった、僕にキム・シンをプレゼントしてくださったキム・ウンスク脚本家さん、本当にありがとうございます。僕と一緒に喜んで胸に剣を差し込みキム・シンになってくれたイ・ウンボク監督に感謝している。わびしいキム・シンにあまりにも大きな愛情をくれたウンタク(キム・ゴウンの役名) にも感謝している」と伝えた。

また「戦場で一緒に戦争するかのようだったスタッフたちにも言いたいことがある。あなたたちと一緒にいて、すべての時間が良かった」とし、歓呼を浴びた。

コン・ユは「この場に立つのがすごく怖かった。その理由はまだ探している。自分がどこにいて、自分が誰であって、自分がどこに向かっているか探している。この重くて大きい賞は、弱くなっている自分にしっかりしなさいと、もう躊躇して困惑するのは止めろという意味でくださる賞だと思って、感謝する気持ちで受け取る」と感想を語った。

また「『鬼』を愛聴してくださったたくさんの視聴者の方に本当に感謝している。俳優としての悩みが将来振り返った時、無駄な悩みにならないことを望む」とし、涙を見せた。