坂口健太郎、乃木坂、石原さとみも…「GirlsAward」が大盛況!大トリ務めたEXO-CBXのステージが話題に

写真拡大

間もなく日本デビューを迎えるEXO-CBX(エクソ・チェンベクシ) が、日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 SPRING / SUMMER」(以下、GirlsAward) のエンディングステージを飾った。

EXO-CBXは3日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開かれた「GirlsAward」に出演し、発売を控えた日本初のミニアルバムのタイトル曲「Ka-CHING!」を初披露。また、昨年10月に韓国で発売し、音楽ファンたちから多くの支持を得た1stミニアルバムのタイトル曲「Hey Mama!」を日本語版で歌い、大歓声となった。

2010年から毎年開催されている「GirlsAward」は、ファッションと音楽分野の人気スターが参加するファッション&音楽イベント。今年は欅坂46、乃木坂46、中村アン、小嶋陽菜、ダレノガレ明美、坂口健太郎、菅田将暉、野村周平ら豪華ゲストに加え、シークレットゲストに石原さとみが登場して盛況を成した。

EXOのチェン、ベクヒョン、シウミンで組まれた派生ユニットEXO-CBXは、今月24日、日本で1stミニアルバムを発表し、本格的な日本活動に乗り出す。