統一部=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は4日の定例記者会見で、北朝鮮が前日に中国を名指しで批判したことを「大変異例だ」と評した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、個人名義の論評を通じ、中国の北朝鮮制裁を「朝中(中朝)関係の柱を折る妄動」「朝中関係の『赤い線(レッドライン)』を中国が乱暴に踏みにじり、ためらいなく越えようとしている」などと非難した。
 統一部の当局者は「北がこれまで中国を遠回しに批判したことはあったが、中国と名指しで非難するのは極めて異例だ」と述べた。ただ、論評が肩書のない個人名だったことに、非難のトーンを調節する面もうかがえるとした。
 非難の理由に関しては「中国が周辺国と一緒に、北に核実験やミサイル挑発はいけないというメッセージを送ったため、北が強く反応したとみられる」とした。その上で「周辺国が送ったメッセージを、北はしっかり受け止めるべきだ」と促した。
mgk1202@yna.co.kr