アナ役パティ・ミューリン(左)とエルサ役ケイシー・レビ 写真:Shutterstock/アフロ、写真:Shutterstock/アフロ

写真拡大

 ミュージカル劇版「アナと雪の女王」のアナとエルサのキャスティングが決定したと、米エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 同作は、2013年の世界的ヒットアニメ「アナと雪の女王」をミュージカル劇化するもの。アナ役はパティ・ミューリン、エルサ役はケイシー・レビに決定した。いずれも映画界では無名に近いが舞台俳優としてはベテランで、ミューリンはコメディミュージカル「Lysistrata Jones」や「Xanadu」、レビは「レ・ミゼラブル」や「ヘアー」に出演。また、2人とも「ウィキッド」に出演歴がある。

 すでに、クリストフ役にはジェレニ・アラディン、オラフ役にはグレッグ・ヒルドレス、ハンス役にジョン・リドル、ウェーゼルトン公爵役にロバート・クレイトンが決定している。演出はマイケル・グランデージ、振付はロブ・アシュフォードで、ミュージカル曲は映画版と同様ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス。ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが公演を行う。

 今年8月に米デンバーでトライアウト公演を行ったのちに、18年春からニューヨークのセントジェームズ・シアターでブロードウェイ公演を開始する予定だ。