カン・ドンウォン“曾祖父関連議論”について公の場で謝罪「歴史をさらに勉強して反省する」

写真拡大

カン・ドンウォンが母方の曾祖父に関する議論について直接謝罪した。

カン・ドンウォンは昨日(3日)、全羅北道(チョルラプクト) CGV全州(チョンジュ) 市古沙洞(コサドン) 店第5号館で行われた映画「マスター」(監督:チョ・ウィソク) のGV(観客との対話) に出席し、これに先立って起こった母方の曾祖父に関する議論についてもう一度謝罪した。

カン・ドンウォンは「第18回全州国際映画祭(JIFF)」のコリア・シネマスケープ部門に出品された映画「マスター」で全州を訪れた。カン・ドンウォンが出演した映画「マスター」は、昨年12月に公開すると観客700万人を動員し、ヒットに成功した。

カン・ドンウォンは3月に浮上した「曾祖父の親日派議論」の後、初めて公の場に登場した。当時にもカン・ドンウォンは、所属事務所を通じて「今回のことを通じて歴史についてさらに勉強すると共に、反省したい。合わせて、微弱ながら自身にできることを探して実践する」という立場を明かした。

GVに先駆けてカン・ドンウォンは、議論について頭を下げて謝罪した。カン・ドンウォンは「GVに先駆けてご了承願いたいことがある。今年の頭に母方の曾祖父に関する議論があった。このことに関して、公の場で謝罪したかった」と話した。

また「これまで機会も席もままならなかった。今回改めて謝罪申し上げる。恥ずかしい歴史と真実に対して、引き続き勉強して反省する。プライベートなことでこのように先に時間をいただいて申し訳ない。本日、GV試写会に来てくださった方々に感謝したい」と改めて謝罪した。