出典:https://www.shutterstock.com

「彼氏がなかなか結婚を決意してくれない」という悩みを抱えている女性って、結構たくさんいるのではないでしょうか。

ズルズルと時間ばかりが経ってしまわないようにするためにも、女性の方から多少は動きを見せることも必要かもしれません。

そこで今回は、長く付き合っている彼氏に「結婚を決意させる」方法を紹介します。

 

■「結婚をする気がないなら別れる」と告げる

付き合いが長くなってきているのに、いつまでもはっきりとした姿勢を彼氏が見せないのであれば、「結婚をする気がないなら終わりにしたい」と告げてみるのもひとつの手です。

そこまで言っても何の変化もないなら、彼氏には本当に結婚する意志はないのでしょう。何度も脅しのように言うのは逆効果ですが、もういい加減はっきりしてほしいという気持ちがあなたにあるのなら、思いきって言ってみるのもアリかも。

 

■「何歳までには」と言っておく

男性もやはり心の中では、彼女の年齢のことを気にしたりはしているものです。出産のことなども考えると、いつまでもズルズルと付き合っているのは良くないことだという思いだってあるはずです。

なので、「30歳までには絶対に結婚したい」などと、それとなく言っておくことは大事です。男性もその思いは叶えてあげたいと感じるでしょうし、それができないと関係が終わってしまうかもしれないという危機感も持つことでしょう。

 

■「家族ぐるみ」の付き合いをする

結婚は付き合っているふたりだけの問題ではなく、お互いの家族同士の問題でもあります。逆に言うと、家族ぐるみのお付き合いができるようになるのが、結婚への近道であるとも言えるでしょう。

自分の両親と仲良くしている彼女の姿を見たら、「親ともうまくやってくれそうだな」と彼氏も感じるもの。それは結婚を意識する大きなキッカケにもなるでしょう。また、彼氏の両親を味方につけることができたら、結婚も一気に近づきますよ。

 

■「弱っているとき」に支える

男性は、自分を立ててくれて支えてくれるような女性を“理想の妻”として考えます。特に、自分が弱っているときに、それとなく支えてくれる女性には、「こんな奥さんがいたらな」と感じずにはいられないでしょう。

体調不良でダウンしているときや仕事でミスをして落ち込んでいるときなどに、そばにいてやさしく支えてあげると、あなたの存在の大きさを感じるはず。手放したくないとかずっと一緒にいたいという思いが芽生える瞬間でもありますよ。

 

彼氏に「結婚を決意させる」ためには、女性からも多少はアピールをした方がいいでしょう。ズルズルとした関係になってしまわないように、思いをちゃんと告げることも必要かもしれませんね。

【画像】

※ Photobirdua/shutterstock

【関連記事】

※ もうたまんねぇ〜!ベッドで「いい女」になるためのポイントアドバイス

※ 結婚できない言い訳?アラサー女のタラレバ発言4選【オフィス編】

※ 掴み取れ、結婚。男ウケの良い「婚活」での態度

※ 一生に一度の決断。男が「この子と結婚しよう」と腹をくくる瞬間

※ 目玉焼きはしょうゆ派?ソース派?「結婚」するなら重視すべき相性ポイント

※ だまされた!結婚後に「豹変した男」のエピソード