「5・7・5」の俳句に隠されていた「白銀比」

写真拡大

私が白銀比に関心を持ったそもそものきっかけは、中学2年のときに読んだ松尾芭蕉の俳句だ。芭蕉の「奥の細道」には、私の故郷である山形で詠んだ句がたくさんある。その中のひとつ、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、立石寺に参詣した際に詠んだものだ。また、「雲の峯幾つ崩て月の山」は、私の家の近くにある月山を詠んだ句である。

中学2年生の私はこの2つの句を読んで、えも言われぬ感動を覚えた。立石寺も月山も私にとっては見慣れた風景なのに、芭蕉の句を通して見ると、違う印象がわきあがってきたからだ。見たことのない風景を、句を読んで想像させるのであれば理解できるが、見慣れた風景にもかかわらず、どうしてこんなに感動するのか。

それ以来ずっとその疑問を抱き続けてきたのだが、あるとき、その謎が自分なりに解明できたのである。きっかけは、華道の未生流との出合いだ。未生流の華道技法は、花を直角二等辺三角形に形取って生けるのが特徴だ。未生流の開祖である未生斎一甫は、華道に宗教的観念を取り入れ、直角二等辺三角形は「天地人」を表しているとされる。天地人とは、つまり「全宇宙」のことだ。

前回(http://president.jp/articles/-/21775)も触れたように、直角二等辺三角形というのは、半分に折ると、同じ形(相似)の直角二等辺三角形ができる。同様に繰り返して半分に折っていくと、次々に直角二等辺三角形ができる。無限に相似がつくり出されるのだ。

実は、宇宙も相似であるといえる。大きな世界も小さな世界も同じ形でできている。銀河系もDNAもみな渦巻き状になっている。これらを宇宙の相似形という。

この直角二等辺三角形と宇宙の関係を知ったことで、中学時代の俳句の謎が解けたのだ。直角二等辺三角形には、白銀比が現れる。二等辺をそれぞれ「1」とすると、斜辺は√2(1.414……)だ。つまり、「1対√2対1」である。これを整数比に表すと、およそ「5対7対5」になる。

そう、俳句と同じなのだ。俳句は直角二等辺三角形に収まるのである。芭蕉はおそらく、自分の見た風景や、感じたことなど膨大な情報を、5・7・5の17文字の中に圧縮して表現したのだろう。

ここに宇宙の永遠が関係してくる。俳句はムダを徹底して省き、削ぎ落としたエッセンスが17文字に込められている。それは同時に全体を表しているのだ。驚くべき圧縮技術ではないか。なるほど、俳句が「世界最小の文学」といわれるゆえんである。

この圧縮された情報を、我々はどうやって解凍するのか。それは「心」である。我々の心に入った瞬間に解凍され、芭蕉の見た風景、情景が再現されるのだ。そのことに中学時代の私は驚いたのだと思う。

未生斎一甫は花を直角二等辺三角形に生け、松尾芭蕉は言葉を直角二等辺三角形に配置した。まったく違う芸術である華道と俳句だが、彼らはきっと直角二等辺三角形に何かを感じ取っていたのではないかと、私は考えている。

(サイエンスナビゲーター 桜井 進 構成=田之上 信)