人生初のカラコンを体験した有吉弘行

写真拡大

視聴者や有識者、スタッフなどからマツコ・デラックスと有吉弘行の耳に入れたい話をネタに、2人がトークするバラエティー「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)。5月3日の放送では、「オランダでマウスの臨床実験まで成功した『若返り薬』が発表された」という話を取り上げた。

【写真を見る】「裸を見せられてもコンタクトを取った姿は見せられない」という久保田直子アナ

人間でも理論的には60代が20代に若返ることができるそうだが、「若返り薬があれば何歳に戻りたいか?」という問いに、有吉は「俺はこのまんまでいい。早く死にたい。十分だよ」と主張すると、マツコも「もういい。今がちょうどいい」と同意。

さらに有吉は「いくつに戻ってもつらい。だから今がいい。絶対に20代に戻りたくない。いつだって今が一番まし」と断言。マツコは「有り余った体力を手にしたと想像したら、今いっぱいいっぱいでやっているのに、それが楽になっちゃったとすると、嫌だわこれ以上がむしゃらに働くのとか」と嘆いた。

「体力だけ20歳に戻っても大変。ろくなことしないと思うよ。もう不倫不倫だよ。困るよそんなの」と有吉は想像し、帰ったらすっと寝られる今が一番いいとしみじみ語った。

また、この日の放送では、“カラコン”についての話題も。4月19日のOAで久保田直子アナの「裸を見せられてもコンタクトを取った姿は見せられない」という発言を発端に巻き起こった“カラコン論争”。

あくまで“老眼対策”としてコンタクトレンズを使ってみたいという有吉が、専門医の指導の下、人生初のコンタクトレンズ装着に挑戦した。

意外とあっさり装着した有吉は、視力が片目0.5から両目1.2に回復。カンペがよく見えることに「めちゃめちゃいいMCになった気分だ。ワンランクアップした感じ! うわ〜これ日テレに人喜ぶぞ。日テレのカンペ大きいから」と大喜びした。

次週は、5月10日(水)夜11時15分放送予定。