早くも夏のように暑い日も増えてきました。気温の上昇と共に男性が気になるのが汗の臭い問題ではないでしょうか。男性は女性よりも発汗量、皮脂分泌量が共に多い傾向にあり、汗の臭いに悩まされます。一方、多くの男性は自分の臭いに無頓着である傾向にあり、それが原因で家族や職場の女性に疎まれているかもしれません。体臭ケアはエチケットで、男性ほど汗の臭いはきっちり対策をとっておきたいもの。一体どう対策すれば良いのかご紹介。

まずは見落としがちな「朝の汗」をきちんと落とす

汚れた身体を毎日清潔にしておくのは当然のこと。もちろん男性のみなさんも毎日お風呂で清潔を保っているでしょうが、見落としがちなのが朝の汗。私たちは寝ている間にコップ一杯分の汗をかいていると聞いたことがあるでしょう。この量の汗を放置していれば当然臭いの原因となります。そのため、これからの季節は朝にもシャワーを浴びるべき。ただしゴシゴシ洗う必要はありません。あくまで「流す」程度で十分効果があります。寝起きの熱めの温度のシャワーは交感神経をオンにして、活動モードにスイッチする手助けもしてくれるので一石二鳥です。

こまめにかいた汗を拭き取る

人の汗は発汗と共に臭くなるわけではありません。汗に含まれる成分を細菌が分解することではじめて臭いが発生するのです。臭いの発生を食い止めるには、汗を放置しない、汗をこまめに拭き取ることがポイント。こまめに汗を拭き取れば細菌の温床のもととなる成分を取り除くことができます。汗をかいたな、と自覚したら殺菌効果の高いデオドラントペーパーなどで速やかに、こまめに拭き取りましょう。

汗や臭いが染み付いたら着替える

こまめに汗を拭き取っても臭いの原因を完全に断つことはできません。着ている衣服にも汗成分や細菌がうつってしまうからです。汗を拭いているのに、なんだか臭いが気になるという人は、一度にかく汗の量が多目で、衣類に移っている汗が臭いの原因になっている可能性が高いのです。ですからアンダーシャツは絶対必要ですし、アンダーシャツなら一枚くらい多めに持ち歩けるでしょうから、汗をかきやすい方は着替えてしまった方が臭いを抑えられます。これは靴下も同じです。職業や通勤のシチュエーション、気温などにもよりますが、汗をかくことを想定できる日は着替えを用意して出かけましょう。実際着替えてみると、ものすごいリフレッシュ効果を体感できると思います。臭い対策のためだけでなく、気分転換や前向きに仕事に向かうツールとして、これからの季節は「着替え」もテクニックとして取り入れてみてください。


writer:サプリ編集部