共演者への神対応が絶賛されているジャスティン・セロー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジェニファー・アニストンの夫ジャスティン・セローが、「性格が良すぎる!」と絶賛されている。

【写真を見る】仲睦まじいジェニファー・アニストンとジャスティン・セローの2ショット/写真:SPLASH/アフロ

昨年オーストラリアで米HBOテレビドラマ『The Leftovers』の撮影をしていたジャスティンは、ジェニファーという有名女優と結婚したことで、他のキャストにも無用な迷惑をかけていることを痛感したという。

現状を天気に例え、「天気はコントロールできないからね。雨でも出かけなきゃいけないときは出かけなきゃいけない。僕はこの状況に慣れてきたんだけど、こういった状況に慣れていない俳優もたくさんいる。彼らは、時にはエモーショナルな演技をしなくてはいけないのに、そんなときにパパラッチに囲まれていたら迷惑だと思う。だからいつもキャストのみんなには謝っているんだ」とデイリー・テレグラフ紙に語っている。

共演者のキャリー・クーンも、この状況にジレンマを抱える女優だが、「彼には悪い感情なんてないわよ。ただただ同情するわ。ジャスティンは世界中どこに行ってもパパラッチに追い回されてしまうから。彼はとても礼儀正しくしているけれど、プレッシャーはすごいと思う」と同情しきりだ。

これらを知ったネットユーザーたちからも、「自分だってストレスなのに、他のキャストに気配りするなんてさすが」「神対応は素晴らしい!」「ジェニファーはいつも素敵な男性に好かれるけど、それは彼女も性格がいいからだと思う」「ブラピ、逃がした魚は大きい」「ジェニファーはジャスティンと結婚して正解」「素敵な夫婦だと思う」と絶賛の声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】