ラグジュアリーホテルの特別フロアにステイする時に利用できる専用ラウンジ、通常の部屋よりもお高いし、ビジネス用と思っていませんか?あーん、それってもったいなさすぎます。最近はより使いやすく、グルメ心も満たしてくれるラウンジに進化中!働き女子が宿泊し、利用してこそ満足できる要素がたっぷり!GWに遠出できなくても、夏休みまで連休がなくても、ほんのちょっと料金をプラスするだけで豪華なお楽しみは都会のホテルにあり!

vol.1コンラッド東京 彼とだけでなく女子会や母娘ステイにも!

2017年春、ホテル最上階のエグゼクティブラウンジをリニューアルオープンしたのはコンラッド東京。今までシティビューのみだったラウンジエリアを、東京湾と浜離宮恩賜庭園を望むベイビューエリアまで拡張しました。

アーバンリゾートの絶景。

エグゼクティブラウンジ内のアイランドキッチンでは朝食、アフタヌーンティータイム、カクテルタイムに軽食ブッフェを提供しています。朝食には専属シェフによる温かな卵料理を、夕刻のカクテルタイムにはホテル内のモダンフレンチ、中国料理、日本料理の3つのレストランからの軽食ブッフェメニューが揃い、ソムリエ厳選のワインセレクションとともに味わえます。

カクテルタイムの軽食ブッフェ。ワインと一緒に素敵なアペリティフを。

そして魅力的なのは、エグゼクティブフロア限定宿泊プラン『おこもりスイート』。憧れのスイートルームに宿泊してエグゼクティブラウンジの利用はもちろんのこと、ホテル内5つ全てのレストラン・バーからの料理とシャンパーニュ「ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット」(1本)やソムリエセレクトの赤・白ワイン(各ハーフボトル1本)などのドリンクがルームサービスされ、お部屋にこもったままグルメを堪能できてしまうリュクスなプラン!

『おこもりスイート』は9万円〜(1泊1室2名利用時の1室料金。税金・サービス料別)。エグゼクティブシティスイート(72屐砲らロイヤルスイート(226屐砲泙任6タイプから選択。〜2017年12月30日までの限定。

さらに、朝食、フィットネスジムやプールの利用までが含まれているから、チェックインしたら爐こもり″してホテルライフを堪能! 実はこのプラン、通常の客室料金(2名利用時の1室料金、食事なし)との差額が、ひとり1万円という驚きのお得オファーなんです!さあ、次のお休みに誰を誘ってみる?

コンラッド東京
http://www.conradtokyo.co.jp/

 Vol.2 ANA インターコンチネンタルホテル東京 ひとりでも出張でも安心のラグジュアリーステイ

新しいエグゼクティブラウンジの「クラブインターコンチネンタル」サービスの導入を、いち早く2016年後半からスタートさせているのは、ANA インターコンチネンタルホテル東京。ホテル35階に位置する「クラブインターコンチネンタル」ラウンジは、都心ながら約600屬箸い広々とした空間。

夜景の美しい窓際席でくつろぐ。

このサービスを利用するステイなら、クラブラウンジアクセス付きのプロモーションを利用するのがオススメ。「クラシック シングル」(22屐砲ら「コーナースイート」(65屐砲泙派広い客室カテゴリから選べるから、カップルでも母娘でも、おひとりさまもステイしやすい。料金は変動制でクレジットカード事前決済などさらにお得なプランもあって堅女にぴったりです。

宿泊予約をすると事前にコンシェルジュからのメールが届くのも大きなポイント。「コンシェルジュサービスを利用したいけれど、ちょっと気後れしちゃう」という控えめな女子の背中も後押ししてくれます。

てきぱきと仕事をこなすコンシェルジュの姿は堅女のお手本!

特に女子心をくすぐるのは14:00〜16:00のアフタヌーンティータイム。数あるエグゼクティブラウンジの中でも珍しく、アフタヌーンのフルセットが席に用意されます。チェックインしたらすぐにロンネフェルトのブレンドティーとともに優雅なティータイムを過ごしちゃいましょう。

アフタヌーンティーのフルセットで一気にお姫さま気分に浸れる!

カクテルタイムにはワインや日本酒、焼酎など種類豊富なアルコールのほか、ミクソロジストが作ってくれるカクテルをぜひ! ノンアルコールのオーダーもできます。ホテルシェフ特製のタパスメニューとともにゆっくり味わって。

翌日の朝食は少し欲張って、ブッフェメニューにプラスして、テーブルオーダーの朝食を味わってしまいましょう。外国人に人気の和朝食を選び、改めて和食のよさに触れるのも一案です。

「クラブインターコンチネンタル」ラウンジの利用は、宿泊料金+1室あたり1日1万6000円(同室2名まで。3人目は8000円)がベースなので、ひとりあたり約8000円。この空間でサービスをフルで利用すればコスパのよさは、かなりのもの!

新しい「クラブインターコンチネンタル」サービスの導入はグループホテルで順次スタートしています。出張や旅行でステイする時も積極的に利用したいサービスです。

ANA インターコンチネンタルホテル東京
http://anaintercontinental-tokyo.jp/

vol.3 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 横浜でプチリゾート。くつろぎのステイを!

 横浜駅から徒歩1分という好アクセスのホテル、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ。2017年4月、24〜27Fの4フロアを「シェラトンクラブ」に改装オープン。この客室に宿泊するゲストが利用できる専用ラウンジ「シェラトンクラブ ラウンジ」も今までの倍のスペースに拡張され、より魅力的になりました。

カクテルアワーには横浜の夜景も楽しめる。

スイーツ界屈指の武藤修司シェフによるマカロンやショコラをティータイムに楽しめるのが大きな魅力! Dilmah(ディルマ)社の「tシリーズ」の薫り高い紅茶とともにゆっくりと味わえます。カクテルアワーには、ホテルの総料理長がプロデュースするイブニングオードヴルとセレクトワインや好みのカクテルを。夕暮れから夜にかけてのロマンティックなひと時が過ぎていきます。

カクテルアワーには旬の食材を使ったオードブルやワインが揃うブッフェエリア。

女子同士のステイなら、スパークリンワイン片手に食前のアペリティフを楽しんだ後に街へ出て、ローカルフードやナイトタイムを堪能するのもよし。翌朝はちょっと朝寝坊しても、ラウンジに行けばシェフがあなたのために温かな卵料理を作ってくれます!

ちょっと旅行気分になれる横浜ステイもいいですよ。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
https://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/