2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人は1年間でどれだけの食糧を無駄にしているかについて伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人は1年間でどれだけの食糧を無駄にしているかについて伝える記事を掲載した。

記事は、日本人は節約するというイメージがあるが、実際には多くの食糧を無駄にしていると紹介。平均すると1人当たり1日136グラムの食糧が廃棄されているという。これは、年間で合計632万トンとなり、2014年の世界全体の食糧援助量が320万トンに過ぎなかったことを考えると、実に2倍の量を浪費していると指摘した。

また、サラダなどは消費期限が短いため、廃棄される食糧の45%が開封されることもなく商品棚から直接廃棄される現状を紹介。特に日本は、食品安全基準が厳格であるため、賞味期限が他国よりも短く設定されており、これも大量の食品ロスの間接的原因になっていると分析した。

さらに、日本の食品メーカーでは消費者が期限切れの食品を口にすることで健康被害が出ることを防ぐため、「3分の1ルール」を定めていると紹介。食品の製造日から賞味期限までを3分割して、納入期限を製造日から3分の1の時点までとし、次の3分の1までを店頭で消費者に売る販売期限、残りの3分の1の期間を消費者が食べる期間としていると伝えた。

しかしこれは、消費者が捨てる賞味期限を過ぎた食品が、実はまだ食べられるものであることを意味していると記事は指摘。そのため日本の多くの専門家は、食糧廃棄税の導入を提唱しており、健康に影響がない範囲でロスを抑えるよう呼び掛けているという。

これに対して、中国のネットユーザーから「これは中国がNo.1だろう。大皿に乗せて大量に余るんだから」「中国の場合、テーブルに上った食品のロスが深刻だと思う」などのコメントが寄せられた。

また、「日本はなんて遅れているんだ!わが国のスーパーを見ろ、賞味期限を1〜3年過ぎた商品だって置いてある」「日本人はばかだなあ。われわれのメーカーがいかにして生産日を偽装するかを教えてあげよう」など、中国の食品安全問題を絡めたコメントも多かった。(翻訳・編集/山中)