「娘たちのためなら死ねる」と発言したブレイク・ライブリー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

2012年にライアン・レイノルズと結婚し、2人の娘を授かって幸せいっぱいのブレイク・ライブリー(29)は、母性本能で満ち溢れているようだ。

【写真を見る】夫ライアン・レイノルズと公の場に登場した最新ショット(2017年4月26日撮影)/写真:SPLASH/アフロ

2歳のジェームズと生後6ヵ月のイネスの2人の娘を授かったブレイクは、子供の誕生によって自分の生活や考え方が大きく変わったとした上で、「娘たちを守るためだったら、なんだってするわ。文字通り、一瞬の迷いもなく死ねる。子供のためなら自分のことなんて考えないでしょう?」と、娘たちへの深い愛情を語った。

Power Of Womenのイベントとあって、先日ブレイクは、着ている洋服のデザイナーについて問われた際に、「男性にも同じ質問をするのかしら?」と問いただし、「エンパワーメントの意味をはき違えている」と炎上したばかり。

今回も言っていることはもっとも、としながらも「すっかり過激になっちゃったね」「言いたいことはわかるけど、落ち着いてって感じ」「私も母親だから気持ちはわかるけど、死ねるなんて言わなくてもいいのに」「わざわざ言うこと?」とまたもやひんしゅくを買っている。【NY在住/JUNKO】