世界各地で行われる反モンサントのデモ photo by  William Murphy via flickr(CC BY-SA 2.0)

写真拡大

 昨年ドイツの製薬化学企業バイエルが米国のモンサント社を買収したが、モンサントと言えば、これまで人体に有毒とされる製品を世界規模で販売して来た会社である。遺伝子組み換え作物(GMO)を始め、DDT、サッカリン、アスパルテーム、ダイオキシン、牛成長ホルモン(rBGH)、除草剤ラウンドアップ(RoundUp)などが同社の有害製品である。

 このモンサントが昨年10月、遂にオランダ・ハーグで国際刑事裁判の過程に基づいて5人の判事による「模擬裁判」にかけられた。
「模擬法廷」とは、判決に法的拘束力がある本物の裁判ではないが、その審議過程は上記のように国際刑事裁判の過程に基づくもので、著名な本物の裁判官や弁護士が本当の裁判と同じプロセスで行われるものだ。

 世界からモンサントの製品によって被害を受けた28人が証人として出廷したが、被告側のモンサントからの出廷はなかった。この「模擬裁判」の役目は、現存の法律に問題のあることを指摘したり、国内法や国際法に照らしての改善などを促すことに留めており、法的な拘束力こそないものの社会的に影響力を持つのは確かである。

◆モンサントの弊害を判事が判定

 4月18日に下された判決では<「耕作した土地から収穫された作物を栄養として取得する人間及び集団社会の判断決定にモンサントは干渉しているということを考慮すると、モンサントの活動は土地、水、環境一般において弊害をもたらしている。その影響で、充分な栄養を得る為の生産能力も後退させている」>と5人の判事が判定した。

 更に、<「多量のグリフォサート(RoundUp)除草剤が使用されて遺伝子組み換え作物が普及拡大することによって、農業活動及び栄養の源をもたらす森林が荒廃する現象を引き起こしている。モンサントのこの活動は食物を生産するという権利を妨害している」>と指摘し、<「一般作物の生物学的多様性を削いで、食料を作る権利を妨害し、食品の安全を侵害し、食品の生産システムを弱体化させている」>と言及した。(参照:「GM WATCH」)

◆米国環境保護庁が発がん性を隠蔽!?

 この判決より先に、モンサントの製品の有害性について米国環境保護庁(EPA)に勤務していた女性マリオン・コプレイ(Marion Copley)博士がガンで亡くなる前に、彼女の上司であり同僚でもあったジェス・ローランド(Jess Rowland)に認めた手紙が見つかっり、反GMO組織US Right yo Know(USRTK)が発行しているGlyphosate.newsにそれが掲載された。

 彼女は30年の経験をもつ毒物学者で、EPAにおいて毒物が身体に及ぼす影響について主任研究者だった。2013年3月にローランド宛に一通の手紙を認めていたのであった。彼女は2014年1月に亡くっている。彼女は亡くなる前に、ローランドにEPAが対処しているグリフォサートについての調査に不安を表明していたのであった。それは、ローランドがモンサントの味方になって研究を進めていた傾向があっことを彼女は気づいていたからであった。

 彼女の結論はグリフォサートが14のメカニズムを通して人体に腫瘍を発生させる要因があることをEPAが隠蔽していることを指摘したのであった。そして、彼女の手紙の中で、ローランドに対し<「貴方の本来の仕事をすべきだ。モンサントの利益を守るのではなく、人々を保護すべきだ。一度でも良いから私の言っていることを聞いて、企業側を有利にしている化学をもとに、政治的に悪事のグルになることは止めるべきだ。一度で良いから正しいことをして、自分の報酬にどう影響させるべきかといった考えからの決断をしてはいけない」>と綴った。更に、手紙の中で<動物実験から「本質的にグリフォサートはガンを誘発させる」>と言及した。(参照:「Sin Embargo」、「ANNUR TV」)