1949年にカルロ・アバルトにより設立されたアバルト。1971年にフィアットの傘下に入り、2007年に同グループ内において独立したメーカーとしてブランドの復活を遂げています。

日本における現在アバルトのラインアップは、ブランドのシンボル的な存在の「595」シリーズ、レーシングカーの領域まで性能を引き上げた「695ビポスト」、オープン2シータースポーツの 「124スパイダー」の3モデル。

フィアットのスポーティラインとして生まれ変わった「新生」アバルトは、2009年2月に日本でも販売されて以来、累計登録台数は5年7か月で5,000台、その後2年7か月で10,000台突破と成長が加速し、着実にファンを獲得。

FCAジャパンでは、販売ペースが上昇した主な理由として、ラインアップの充実、共に進めてきた正規ディーラー店舗の拡充が功を奏しているとしています。

日本導入時にわずか4拠点だったアバルト正規ディーラー店舗数は、2016年7月には、全国のフィアットディ―ラーにおけるアバルトの発売の開始もあって全国79店舗まで拡大。

また、ラインアップも年々充実していて、2016年10月に新型オープン2シータースポーツの「アバルト124スパイダー」を導入。さらに2012年からオーナー向けのセーフティ&スポーツドライビングスクール「アバルト ドライビング アカデミー」を開催するなど、ブランド力アップに余念がありません。

一方、フィアット500シリーズは発売後5年7か月で2万台を突破し、その後3年6か月という短い期間で、さらに2万台の上乗せを実現。

フィアット500は、2008年3月の国内導入以来、愛らしいスタイリングと低燃費・低排出の環境性能の高さが評価されているそうです。2015年10月には、フィアット初のスモールSUVの「500X」を追加。さらに2016年1月には日本導入以来初となる「500」にマイナーチェンジを施しています。

販売網の充実など、ブランド強化を図っている「フィアット」、「アバルト」ブランド。コンパクトなモデルがラインナップの中心になっているだけに、さらに日本でも存在感を高めそうです。

(塚田勝弘)

日本市場でのアバルトの累計販売台数が1万台を達成。フィアット500シリーズも4万台を突破!(http://clicccar.com/2017/05/04/468811/)