久保建英、J1デビュー戦でいきなり魅せた!惜しいFKで会場を沸かす

写真拡大 (全2枚)

3日に行われたJリーグYBCルヴァンカップで、FC東京のトップチームデビューを飾った15歳の久保建英。

前日、U-20ワールドカップに向けた日本代表メンバーに選ばれたということもあり、久保のデビューは大きく注目された。

1-0とリードして迎えた66分、永井謙佑との交代でピッチに登場した久保。プレー機会はそこまで多くはなかったが、試合終了間際に見せ場を作った(02:25から)。

39分、積極的な仕掛けから前寛之に倒されると、ペナルティエリアの少し手前でフリーキックを獲得。するとこれを自ら狙う!

ボールはゴールマウスのわずか上の方に飛んでいったが、ゴールの予感を感じさせるキックだった。およそ15歳とは思えぬ落ち着きと球質である。

試合後にはFC東京の恒例行事ともなっている、“シャー!”にも参加!セレブレーション後、ペコリと一礼するあたりが謙虚な感じだ。

試合後、久保は以下のようにコメントしている。

久保 建英(FC東京)

「あらためてJリーグは本当にレベルが高いと思った。その舞台に今日、一歩踏み込めました。

特にワンタッチのプレーは明らかにJ3よりJ1の方が多い。

J3は球際のプレーが多いですけど、J1はそこをかいくぐってかわしてくるので、ボールが取られない。

スタジアムに入った時は緊張しましたけど、試合が始まったらそんなことは言っていられない感じでした。

ゴールまであと一歩のところもありましたけど、だからこそ本当に悔しい」

また、鮮烈なデビューを飾った久保に対しては両チームの選手や監督がそれぞれコメントを寄せている。

小野 伸二(北海道コンサドーレ札幌)

「久保選手は堂々としていて、『ゴール取っちゃうんじゃないかな』という感じも出していた。

僕の15歳のころとは比べ物にならない。

彼はバルセロナでやってきたことも持っているし、このままケガなくできればすごい選手になれると思う」
篠田 善之(FC東京監督)

「後半頭からでも、もしかしたら先発からでもできるほど、戦術、技術能力を持っている。

ただ、チームに合流してまだ時間が短い。1週間練習して、J3でも試合をやっている。

慌てないでいい。今日ぐらいの時間がチームにとっても彼にとっても良かった。

技術も高い。スルーパスを出すタイミングが何度かあったり、あとはFK。そこは本人も『悔しい』と言っていた」
四方田 修平(北海道コンサドーレ札幌監督)

「あまり意識はせずに、交代選手の1人として戦った。

久保選手は落ち着きもあって、とても15歳には思えない。ゲーム慣れしている。

短い時間の中でも何をすべきか感じ取って、嫌なことをやってきた。

才能があってここにいる。周りが急ぎ過ぎずに、ゆっくりというか、見守ってあげる中で順調に伸びていってほしい」