ついに日本参戦する“超絶セクシークイーン”アン・シネの素顔

写真拡大

本日5月4日から開幕する女子ゴルフ・ツアーの国内メジャー大会初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」。今年は宮里藍やレキシー・トンプソンなどアメリカからも多くの有力選手が出場するが、韓国からもスター選手が出場する。

韓国女子ゴルフ界の“超絶セクシークイーン”とされるアン・シネだ。

昨年度の日本ツアー・ファイナルQTで45位の成績を収め、出場試合数の制限こそあるものの日本ツアー参戦権を得た彼女が、いよいよ満を持して日本初参戦する。

ギャラリー100人を引き連れる人気者

複数のメディアでも報じられている通り、アン・シネは韓国屈指の美女ゴルファーとされる人気者だ。

韓国では今季も多数のギャラリーを連れてラウンドすることから、「ギャラリー100数人を引き連れるアン・シネのゴルフ熱気」(『韓国スポーツ経済』)とも報じられたほどだ。
(関連記事:写真8連発!! 韓国ゴルフ界の“セクシークイーン”アン・シネの魅力に迫る!

もっとも、初めからスーパースターだったわけではない。むしろそのキャリアは韓国において異質とも言える。

例えばジュニア時代に国家代表歴がないことだ。イ・ボミも経験がある国家代表常備軍にも選ばれたことがない。

小学3年生のときに父親とともにニュージーランドにゴルフ留学に出たためだが、アン・シネはそのニュージーランドで国家代表を務めた“変わり種”なのだ。

プロデビューは2008年。高校生ながら韓国女子ゴルフツアー(KLPGA)の2部ツアーの性格を担う「ドリームツアー」に参加し、2009年には1部ツアーに昇格。その年の新人王に輝いたことで、初めて脚光を浴びた。

そして翌2010年にはツアー2勝を飾り、賞金ランキング3位に。

ちなみにこのときにKLPGA賞金女王に輝いたのがイ・ボミで、2人は同じ建国大学ゴルフ部に籍を置くなど“意外な共通点”が多くて、ちょっとした話題になった。

今ではすっかり“神セブン”に

アン・シネやイ・ボミのことを、私が日本の写真週刊誌に紹介したのはまさにそのときだった。

その前年にアン・ソンジュが日本ツアーで2年連続賞金女王に輝いたことを受けて、2011年2月に写真週刊誌で韓国女子ゴルフのグラビア特集を組むことになり、旧知の仲だった韓国ゴルフダイジェスト編集部の副編集長に推薦してもらった選手がイ・ボミであり、キム・ハヌルであり、ユン・チェヨンであり、アン・シネだった。

のちに“韓国美女ゴルファー神セブン”と呼ばれるようなる彼女たちが相次いで日本に来ることになるのとはその時点では思わなかったが、彼女たちを推薦してくれた韓国ゴルフダイジェストの副編集長は印象的だった。

アン・シネについてもこんなことを教えてくれたのだ。

「飛距離は240ヤードと平均的ですし、飛距離への欲もない。“飛距離を伸ばすために体を大きくしたくもない”と言っているほどです」

韓国の女子プロゴルファーの多くが「飛ばすよりも狙い通りの場所に落ちたほうが楽しい」と語るだけに、飛距離に強いこだわりがないことは普通に思えたが、“飛距離を伸ばすために体を大きくしたくない”という言葉がどこか引っかかった。

前出の記者は、「彼女は“ゴルフだけで終わる人生はイヤ。ゴルフは生活の一部であり、友達との付き合いや大学生活も楽しみたい。自由でありたい”とも言っているんです」というアン・シネの考え方も教えてくれたが、その言葉を聞いて“ほかの韓国女子プロとは違うな”という印象を持ったことを今でも覚えている。

多くの韓国女子ゴルファーたちが「家族」「プライド」といった言葉を口にするなかで、「自由」を語るところに引きつけられた部分もあったかもしれない。

もちろん、そこには個人スポーであるゴルフの特性もあるだろうが、必要以上に国や民族を意識しがちな韓国人アスリートが多いことを考えると、アン・シネの言葉はスマートで新鮮に映った。

アン・シネ、日本ツアーへの意気込み

実際、彼女が韓国メディアに発してきた過去のコメントを見ると自由で縛られない。

その容姿についても包み隠さず正直に語る。「アン・シネは発言もゴージャス」と報じられている。

特筆すべきは、そんな優雅で美しくゴージャスな“セクシークイーン”が、今季開幕前に肉体改造に取り組んでいることだろう。

ゴルフのために体を大きくしたくないと語っていたほど「女性らしさや美意識へのこだわり」を持つ彼女が、オフの間ひたらす筋力トレーニングに励み、筋肉増量を図ったというのだ。

ここに彼女の日本ツアー挑戦に対する意気込みの強さを感じずにはいられないだろう。

はたしてアン・シネは待望の日本デビュー戦でどんなプレーを見せてくれるのだろうか。「サロンパスカップ」の開幕が楽しみだ。

(文=慎 武宏)