イグアイン2発! モナコに敵地で完勝したユーベが決勝に大きく前進《CL》

写真拡大

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのモナコvsユベントスが3日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、0-2でアウェイのユベントスが先勝した。

▽ユベントスは、決勝トーナメント1回戦でポルト、そして準々決勝でバルセロナを撃破し、2年ぶりとなる決勝に駒を進めた。1995-96シーズン以来の戴冠を見据えるクラブを率いるアッレグリ監督は今回の一戦で、クアドラードをベンチに置き、バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニの3バックを採用。中盤に右からダニエウ・アウベス、ピャニッチ、マルキジオ、アレックス・サンドロを並べ、トップのイグアインの後方にディバラとマンジュキッチを配した。

▽一方のモナコは、決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・シティ、準々決勝ではドルトムントを下して、準優勝した2003-04シーズン以来のセミファイナル進出。2季前に2戦合計スコア0-1と惜敗したユベントス相手にリベンジを狙うチームは、負傷したメンディの代わりにディラールを最終ラインで起用。ファルカオ&ムバッペの2トップなど、中盤から前線はベストメンバーで臨んだ。

▽立ち上がりから能動的に仕掛けていったのはアウェイのユベントスだったが、先に決定機を演出したのはホームチーム。15分、右サイドバックに入ったディラールの鋭いクロスに正面で最終ライン裏を突いたムベッペが合わせる。このダイレクトシュートが枠を捉えたが、GKブッフォンの好セーブを前に先制点とはならない。

▽すると、今度はユベントスが反撃に転じ、最初のチャンスをモノにする。29分、自陣でマルキジオのフィードをディバラが落とすと、これを拾ったD・アウベスがイグアインとワンツー。一気にボックス右に進入したD・アウベスの折り返しに正面で合わせたイグアインがゴール左隅にコントロールシュートを流し込み、ユベントスがアウェイゴールで先行する。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも決定機はなく、ユベントスが1点リードしたまま前半を終える。

▽迎えた後半、モナコは立ち上がりに相手陣内でピャニッチのミスパスを拾ってボールをつなぎ、最後は正面のファルカオが枠内シュートに持ち込む。しかし、これは素早く間合いを詰めてきたGKブッフォンに処理される。

▽一方、ユベントスは54分に2点目のチャンス。相手陣内の高い位置でボールを奪ったマルキジオが、そのままボックス右に進入してシュートを放つも、これはGKスバシッチのファインセーブに遭う。

▽それでも、ユベントスは59分に2つ目のアウェイゴールを奪う。相手陣内でバカヨコからボールを奪うと、D・アウベスがアーリークロス。ファーサイドのイグアインがボレーで合わせてネットを揺らし、ユベントスがスコアを2-0とした。

▽その後、モナコはバカヨコとルマールを下げてモウチーニョとジェルマンを投入。リスクを冒してゴールを狙いにいくも、90分にFKに合わせたグリクの枠内へのヘディングシュートはGKブッフォンのファインセーブに遭う。

▽結局、試合はそのまま終了。ユベントスが大きなアドバンテージを得てホームでの2ndレグに臨める状況となっている。