国際線の長時間フライトは疲れるものだ。それは乗客だけでなく、客室乗務員やパイロットたちも同じ。そして彼らや彼女らも、乗客と同じように仮眠を取っている。

そんな姿は見たことがない?

それも当然だ。クルー専用のベッドが、飛行機の中にある。もちろん一般乗客は入れないが、バージンオーストラリア航空がその写真をブログ上で公開した。

Virgin Australia blog

客室の上に隠された部屋が

公開された写真に写っているのは、ボーイング777-300ER機内にある仮眠用スペース。エコノミークラスとビジネスクラスの客室上部にそれぞれある。

航空会社は写真を掲載したブログで、次のような説明をしている。

「15時間を超えるフライトでは、安全な飛行とベストな乗客サービスのために、パイロットやアテンダントの休息が大切になってくる」

「そのため、クルーは指定された2カ所の休息エリアで、1回の長時間フライト中4時間程度の休息を交代でとることになっている」

パイロットのベッドはビジネスクラスの客室の上に2つ。アテンダントのベッドはエコノミークラスの上に8つ並んでいる。

Virgin Australia blog

見ての通りベッドは小さい。幅は狭く、長さは180センチメートルほど。壁にあるイヤホンジャックは客席にあるのと同じもので、音楽などを楽しめるようになっている。

Virgin Australia blog

クルーたちは、寝るときはパジャマに着替えるそうだ。また、カーテンを引く前に制服を外に掛けておく決まりがある。中に誰が寝ているかが分かるようにだ。キャビンアテンダントをとりまとめるフライトマネージャーは、いつでも入口に近い右側のベッドと決まっている。

Virgin Australia/Instagram