国立ひたち海浜公園では青国立ひたち海浜公園では青い花ネモフィラが見ごろを迎える。黄色い菜の花畑と美しいコントラスト(KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)い花ネモフィラが見ごろを迎える。黄色い菜の花畑と美しいコントラスト(KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

写真拡大

 茨城県の国立ひたち海浜公園では、青紫の花、ネモフィラが見ごろを迎えている。公園内の丘一面に瑠璃色に染まる。その数は450万本ほど。

 ひたち海浜公園では毎年、ゴールデン・ウイークの連休期間に美しく咲く「瑠璃色一面の世界」を演出するために、さまざまな工夫を凝らしている。

 公園によると、秋、3.5ヘクタールもの丘に手作業で種をまき、冬には寒さから保護するために丘前面にシートをかぶせる。春は地道な手作業による雑草除去を行っている。

 ネモフィラは、瑠璃色の花で、葉の形が唐草模様に似ているため、和名を「瑠璃唐草(るりからくさ)」という。英名は 赤ちゃんの澄んだ瞳を意味する「ベイビーブルーアイズ」。

 公園によると、見ごろのピークは5月6日まで。

(編集・甲斐 天海)