「キリン 生茶デカフェ」

写真拡大

キリンビバレッジは2017年5月23日、「キリン 生茶」ブランドからカフェインゼロの緑茶飲料「キリン 生茶デカフェ」を全国発売する。

まる搾り生茶葉抽出物と微粉砕茶葉をぜいたくに使用

「キリン 生茶デカフェ」は、14年発売の「キリン やさしさ生茶 カフェインゼロ」とその後継商品として15年に発売された「キリン カフェインゼロ生茶」の流れをくむ商品で、ペットボトル入り緑茶飲料で唯一カフェインゼロをうたう。同社の独自技術カフェインクリア製法を使い、茶抽出液からカフェインを選択的に吸着除去することに成功した。「カフェインを摂取すると眠れなくて困る〜」という人にお勧めできる。

従来品との違いは味覚とパッケージの進化だ。16年にリニューアルした「キリン 生茶」本体と同じ「まる搾り生茶葉抽出物」を採用。さらにかぶせ茶を微粉砕した「微粉砕茶葉」を使用し、緑茶本来の味わいを生かしながらも雑味が少なく、さわやかでまろやか、すっきりとした味わいに仕上げた。香料不使用。

パッケージは、ガラスびんをイメージした形状の「グリーンボトル」を採用することで、スタイリッシュさと持ち運びやすさを両立させた。

内容量は430mlで、価格は140円(税抜)。