豪華キャストが続々と出演 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LL

写真拡大

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られ、「アイム・ノット・シリアルキラー」(6月10日公開)では殺人鬼に扮したクリストファー・ロイドが、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンといったオスカー俳優が顔をそろえた犯罪コメディ「ジーサンズ はじめての強盗」に出演していることが明らかになった。

 上記キャスト以外にも「愛の狩人」や「エニイ・ギブン・サンデー」のアン=マーグレット、「クラッシュ」のマット・ディロン、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のピーター・セラフィノウィッツ、「世界にひとつのプレイブック」「キングコング 髑髏島の巨神」のジョン・オーティスなど芸達者が集結。年金の支給を打ち切られてしまったウィリー(フリーマン)、ジョー(ケイン)、アル(アーキン)の仲良し3人組が、冷徹な銀行から金をかすめ取ろうと奮闘するさまを痛快に描く。

 ロイドが演じるミルトンの場面写真も公開され、エプロン姿にわたあめの機械、なぜか手には拡声器とユーモラスな姿が切り取られている。ミルトンは、ウィリー、ジョー、アルも所属する老人クラブの仲間で、ぼんやりすることが多く、耳が遠いコミカルなキャラクターとのこと。ザック・ブラフ監督はロイドに演出をつけず、自由な演技を求めたという。ロイドは「ミルトンは気のいいじいさんなんだ。自分が何をやっているのかすぐにわからなくなるし、間違いばかりする。その上、少し耳も聞こえなくて……。でも、老人クラブでは物事をコントロールしたり、まとめたりする権限を与えられていて、ミルトンはとても誇りに思っているんだ。みんなが規則・決まりごとを守り、スケジュールを乱さないように、自分なりに努力する。それが彼の役割だ。私はこの役がとても気に入っていたし、どう演じるかのチャレンジを大いに楽しんだよ」と語っている。

 「ジーサンズ はじめての強盗」は、6月24日から全国公開。