浦和が鹿島との大一番へ“秘策”を用意? 2トップに興梠とR・シルバ、トップ下に入ったのは…

写真拡大

勝ち点1差の首位攻防戦を前に、ペトロヴィッチ監督が新布陣をテスト

 浦和レッズが因縁の鹿島アントラーズとの直接対決を翌日に控え、前日練習でMF駒井善成をトップ下に起用する秘策を試した。

 2ステージ制で行われた昨季、浦和は年間勝ち点1位でチャンピオンシップ決勝に進出。年間3位から勝ち上がった鹿島を迎え撃った。敵地での初戦を1-0で勝利した第2戦のホームゲームで、浦和は先制しながらも1-2の逆転負け。アウェーゴール数の差でJリーグ王者の座を逃した。4日のリーグ戦は、その鹿島をホーム埼玉スタジアムに迎え撃つ一戦になる。

 浦和は勝ち点19で首位に立つものの、前節の大宮アルディージャ戦で0-1の敗戦。さらに日本代表DF遠藤航とMF柏木陽介が負傷し、この鹿島戦は欠場が決定的だ。3位とはいえ勝ち点1差で追い上げる鹿島との“首位攻防戦”に、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は「鹿島は素晴らしいチームであり、我々は最近ホームで勝利できていない。そうした過去の対戦も考えた上で、ゲームに向かわなければならない」と、厳しい表情で話した。

 そうした状況に、この日の前日練習ではDF那須大亮を3バックの中央、MF青木拓矢をボランチに配したが、FWラファエル・シルバとFW興梠慎三の2トップに加え、駒井をトップ下に起用するシステムをテストした。駒井は今季AFCチャンピオンズリーグのFCソウル(韓国)戦で、ボランチで出場しているが、トップ下での起用となれば昨季に京都サンガF.C.から加入して以来、初となる。

「不安がないこともないが…」

 駒井は練習を終えると「ゴールに向かう2トップのキープ力を生かしたい。いかにゴールに近づいていけるか。不安がないこともないが、ピッチに立てば自信を持ってプレーするのが自分のポリシー。明日も自分を信じてプレーする」と、決意を語った。

 一方の指揮官は「連戦でなかなかトレーニングをする時間がなかった。今日はあの形でやったが、明日が決まっているわけではない」と、ピリピリした空気を漂わせながら語った。

 約5万9000枚のチケットが完売し、満員の埼玉スタジアムでキックオフされる大一番。因縁の鹿島戦で勝利するために秘策を練るペトロヴィッチ監督の執念は、浦和を勝利に導くだろうか。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images