『ナミヤ雑貨店の奇蹟』幼なじみの翔太役を演じる村上虹郎 (C) 2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

写真拡大

2012年の発売以来、謎めいたストーリーとファンタジックな展開の最後に訪れる深い感動が話題を呼び、「東野圭吾作品史上最も泣ける感動作」として高い支持を得ている同名小説を、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化する『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。この映画の第2弾ティザービジュアルと特報、場面写真が解禁となった。

[動画]映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』特報2

舞台は2012年。少年時代を養護施設で過ごした敦也は、幼なじみの翔太、幸平と悪事を働いて、ある晩1軒の廃屋に逃げ込む。そこはかつて、あらゆる悩みの相談に乗ることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しているはずのこの店に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。それは32年前に書かれた悩み相談の手紙だった。敦也たちは戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く…。その日、敦也たちに起きたのは、時空を超えたたった一夜だけの奇蹟だった。

山田が主人公の敦也役、村上虹郎が幼なじみの翔太役、佐藤浩市の息子・寛一郎が同じく幼なじみの幸平役を演じるほか、西田敏行がナミヤ雑貨店の店主で、人々からの悩みにこたえる浪矢雄治役に扮する。解禁となった場面写真は村上、寛一郎が演じる幼なじみと、西田扮するナミヤ雑貨店の店主役のもの。

一方、解禁となった特報は、雑貨店に届く「手紙」を通して、時代を超えた人と人との心のふれあいが垣間見える内容となっている。幼なじみの敦也、翔太、幸平が迷い込んだ雑貨店に届いた過去からの「手紙」。少年のように驚き困惑しつつも、その「手紙」に返事を書く3人。そして映像のラストには、手紙を読みながら涙を流す山田の姿が。最後の「手紙」が届いた時に動き始める、思いもよらぬ奇蹟とは? 物語の謎が気になってしまう映像に仕上がっている。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日より全国公開となる。