リラックスムードのテレサ・ルー 偉業目前も気にするそぶりはない(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇3日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>
日本女子ツアー史上初の全4メジャー制覇、“キャリア・グランドスラム”達成を視界に入れているテレサ・ルー(台湾)。明日開幕する「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で勝利を挙げれば快挙達成となる。

日本女子オープン、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップをすでに制覇しているルー。快挙に向けて残り一つを前に、どんな気持ちなのか。「もちろん優勝できればうれしいけど、そこは見ていません。シーズンは長だですし、試合は今週だけじゃない」と、至って冷静だ。
これまでメジャーに強みを見せてきたルー。先週も優勝争いに食い込み、調子はよさそうに見えるが、「あんまりよくないんですよ。普通です」と言葉少ないが、そこはメジャーハンターの異名を取るルー。難コンディションになればなるほど実力を発揮するタイプなのは間違いない。
「あくまでも年間平均ストローク60台が目標です。難しいセッティングでどうやってアンダーパーで回れるか、そこに集中します」と、目先でなく大きな目標を追うという。2008年に本大会がメジャーに昇格して以来、4メジャー大会制覇は一人もいない。「メジャーがほしい」と公言する選手が多い中、「結果的にそうなれば。でも意識していません」というルーだからこそ、逆にメジャーに強いのかもしれない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

4罰打の悲劇「乗り越えないといけない」 レクシーが日本のメジャーで連覇へ
渡邉彩香「勝てないと分かっている(笑)」レクシーと飛距離には対決持ち込まず
アン・シネに聞く18のコト FRONT9「ゴルフを始めたのは“天才かも”って思って(笑)」
アン・シネに聞く18のコト BACK9「家庭的で優しい人がスキ!」
【WITB】アイアンヘッドを番手で変えたキム・ハヌルの技ありセット