ポールポジションを獲得したZENT CERUMO LC500

写真拡大

2017年SUPER GTシリーズ第二戦「FUJI GT 500KM RACE」の予選が、5月3日(祝)、静岡県・富士スピードウェイで行われ、「ZENT CERMO LC500」(立川祐路/石浦宏明 組)がGT500クラスのポールポジションを獲得した。

【写真を見る】Q1ではZENT CERUMOとau TOM'Sによる激しいタイム合戦を繰り広げた

好天に恵まれ、朝から多くの観客で賑わいをみせていたこの日の富士スピードウェイ。前戦で1位から6位までを独占したレクサス勢は、変わらずの速さをみせていた。Q1ではau TOM'S LC500とZENT CERMO LC500がタイムバトルを展開。その中でQ2で唯一1分27秒台を出したZENTがポールを獲得した。

2位には、2年連続で第二戦・富士に勝利しているMOTUL AUTECH GT-R。セカンドローにWAKO'S 4CR LC500、au TOM'S LC500が並んだ。いっぽうホンダ勢は8位にARTA NSX-GT、9位にRAYBRIG NSX-GT、10位にKEIHIN NSX-GT、13位にMOTUL MUGEN NSX-GT、15位にEpson Modulo NSX-GTという結果に終わった。

決勝は5月4日(祝)、14時10分から行われる。【ウォーカープラス編集部】