ウエスト、腰回り、おしり、体形別・似合うスカートの選び方 #おしゃれのおさらい

写真拡大

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。
毎日のコーディネートに、スカートとパンツ両方を取り入れていますか? 年齢を重ねるにつれ、どんどん自分のスタイルは出来上がり、どちらかに偏ってしまうのはよくあること。自分のスタイルが確立されるのは悪いことではありませんが、両方着こなせるとおしゃれの幅が広がるのは確か。今回は腰回りの体形別にスタイル良く着こなせるスカートを考えていきます。
ウエストのくびれがない人におすすめ
No.1:フレアスカート、タックスカート
ウエストまわりはキュッとすっきり、裾に向かってボリュームが出る、フレアスカートやタックスカートが◎。ギャザースカートはウエストからボリュームが出るので、よりふっくら感が強くなります。避けたほうが賢明です。
次点:ウエストがゴムのタイプ
ウエストがゴムのタイプは楽でいいのですが、ウエストの大きさに合わせて広がります。選ぶなら、前はすっきり後ろだけゴムのタイプを。
避けたほうが無難:ハイウエスト
トップスをインし、ウエストをしっかり作り華奢な印象を作るハイウエストのスカート。ウエストのくびれがない人がその着こなしをすると、お腹周りのしっかり感を強調してしまい、逆効果となってしまいます。
ウエストまわりがふっくらしている人は、太って見えてしまいがち。ローウエストのものを選んだり、少し腰を落として穿いてみたり、実際のウエストと絡ませないのも、すっきり着こなす一つの手です。
腰が張っている人におすすめ
No.1:タイトスカート
腰がしっかりしている人は、タイトスカートを女性らしく着こなせます。ただ、まっすぐ下に落ちるタイプを選ぶと、腰の太さのまま全体的に大きく見えてしまうことも。裾に向かって細くなるペンシルタイプを選び、エレガントに着こなしてください。
次点:ハイウエスト
ウエストと腰の差を強調し女性らしさアップです。ただしそうすることで、気にしている腰回りが強調されすぎてしまうこともあるので、スカートのシルエットやトップスとのバランスも重要になります。
避けたほうが無難:フレアスカート
裾に向かってボリュームが出るフレアスカートですが、腰がしっかりしている人が着ると、腰の部分にもボリュームが出てしまい、シルエットが変わってきてしまうことも。広がりのあるスカートを選ぶなら、腰回りにもボリュームがある、ギャザースカートの方が良さそうです。
腰がしっかりしている人の着こなしは、女性らしさが強くなりがち。もし、その雰囲気が好みではないなら、トップスやシューズを上手く使って、自分好みの着こなしに近づけてください。もちろん、女性らしい着こなしを極めていくのも賛成です。
腰が小さく、おしりがぺたんこの人におすすめ
No.1:ギャザースカート
ふんわりギャザースカートで、腰回りにボリュームをプラスし、寂しい印象になることを防ぎましょう。
次点:タイトスカート
腰がない人がタイトスカートを穿くと、物足りなく感じてしまうことがあります。その細い"Iライン"をうまく生かせれば、逆にオシャレ度はアップしますが、着こなし力が必要になるので△で。
避けたほうが無難:プリーツスカート
腰の小さい人が、今主流の柔らかい素材のプリーツスカートを穿くと、ストンとまっすぐ落ちてしまい、物足りないシルエットに。「それでも、穿きたい!」というなら、ウエストゴムのタイプを選び、腰回りに少し、ボリュームをプラスしてみてください。
おしりがぺたんこの人は、出るべきところでボリュームが出ず、腰の位置が低く見えてしまいがち。少し高い位置で穿くことを意識しスタイルアップさせましょう。
体形も個性はさまざま。今回お話したことが当てはまらない人もいるかもしれません。もちろんスタイルよく着こなすには、トップスやシューズとのバランスも重要。必ず試着し、鏡の前でコーディネートを確認し、自分が素敵に着こなせるスタイルを作り上げていってくださいね。

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい
・しなやかに女らしく華奢見せトップスの正解は? ・冬服から春服へシフト。季節変わりにあると便利なアイテムたち ・洋服の捨てどき・寿命はいつ? 衣替え時の見直しポイント3つ

イラスト/米山夏子