バランスのよい朝食も子供たちのポテンシャルを引き出す要因となる

写真拡大

公認スポーツ栄養士助言、「4つの食品グループ」でバランスの整った食卓に

 成長期の栄養不足は、子供たちのポテンシャルを最大限生かしきれない恐れがある。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事を指導する、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は「まずは朝食とお米をしっかり摂るべき」と語る。

 丈夫な体を作るための3大要素はトレーニングと睡眠、食事。しかし、近年、小中学生を対象としたセミナーで、親御さんから(保護者の方から)「うちの子は食が細くて困っています」という相談をされる機会が多くなっています。

 特に問題なのは「朝抜き」と「お米離れ」です。

 スポーツをしている子供たちには朝食をしっかり摂ってほしい。何故なら一食抜くことで、成長期に必要なエネルギーや栄養素が十分に摂れない可能性があるからです。朝はご家族も忙しい時間とは思いますが、やはり主食・主菜・副菜・汁物の「4つの食品グループ」がそろう食事が理想。自然とバランスの整った食事になります。

 また、近年は主食をパンやパスタにする家庭が増え、お米を食べる量が減っています。しかし、ご飯はパスタやパンと比べて脂質が少ないため消化に良く、体を動かすために必要なエネルギーを、効率よく摂れる食材。給食でも夕飯でも、ご飯を食べる時は、小学校低学年で小さめの茶碗にこんもり1杯、小学6年生なら、丼に軽く1杯食べるのが目標です。

 骨の成長に欠かせないカルシウムも日本人は不足傾向にあるため、意識して摂る工夫が必要です。もっとも手軽な方法は、1日コップ3杯の牛乳を飲むこと。飲むタイミングは食事でもおやつのときでもかまいません。カルシウムの吸収は就寝中に高まるので、寝る前にホットミルクを飲むのもよいでしょう。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう子どもは、ヨーグルトのほか、乳糖カットの牛乳も試してみましょう。

「4つの食品グループ器」で食べる朝食の例は? 洋食&和食それぞれ紹介

 牛乳についての話をすると必ず聞かれるのが「豆乳ではダメですか?」という質問。豆乳は大豆から作られていますが、残念ながら牛乳やヨーグルトと比べると、カルシウムの含有量は15%程度しか含まれていません。

 エネルギー不足が続くと、体は大きくならず、集中力や免疫力が低下し、ケガや風邪の原因にもつながります。子どもたちには「強い選手になるために、ごはんも野菜も好き嫌いなく食べようね。給食でもおかわりできるときはしようね」と声をかけて、“食べる力”を育てましょう。

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)など。