かわいさに癒やされる? 等身大ベビー・グルート

写真拡大

 アメコミ映画ファン待望の人気シリーズ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日公開全国公開)から、つぶらな瞳がかわいい樹木型ヒューマノイド“ベビー・グルート”の実物大スケールフィギュアがホットトイズから発売される。

 前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、はみだし者たちがチームとなって銀河を救う姿を描いたマーベルのヒーロー映画。グルートは身長2メートルを余裕で超える巨体を誇る心優しいキャラクターとして登場したが、続編では、しぐさも身長もお子さまサイズのかわいいキャラに変身。大きいときと変わらない大活躍を披露する。

 ホットトイズでは、映画を代表するマスコットとして人気のベビー・グルートを、全高約26センチ、15か所が可動する1 / 1スケールフィギュアとして立体化。同社は、スクリーンから飛び出してきたような、精巧な映画の人気キャラクターのフィギュアで知られており、今回のグルートの出来栄えにも「世界で最も精巧な1 / 1スケールといっても過言ではない」と自信を見せる。

 ボディー部分は本アイテムのために新規開発されたもので、塗装に至るまで、樹木で構成されたグルートの質感をリアルに再現。あどけない顔立ちが印象的なヘッドは、表情を変更できる差し替え用フェイスパーツが3種類ずつ付属する。また、予告編にも登場している、赤いラヴェジャーズのコスチュームも付属。着脱が可能で、ディテールや素材にこだわり抜き、質感に至るまで精巧な仕上がりとなっている。指が伸びた状態の差し替え用ハンドパーツにはワイヤーが内蔵されており、頑張って戦う姿も再現可能だ。

 ホットトイズからはそのほか、主人公スター・ロードと、グルートの相棒である毒舌アライグマ、ロケットを忠実に再現した1 / 6スケールフィギュアなど、続編公開に向け、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』関連のアイテムが数多く発表されている。(編集部・入倉功一)

「1 / 1スケールフィギュア ベビー・グルート」(2018年1月発売予定)はホットトイズ東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」で予約受付中(税込み2万5,000円※予約価格は15%オフ)