メーカー自らがピュアスポーツカーと言い切った1台

2代目「サバンナ」RX-7=型式FC3Sは、1985年10月にデビュー。初代のRX-7=SA22Cは、47万1009台も生産され、オイルショックで苦しんでいたマツダの経営面に大きく貢献。大ヒットした原因は、一言でいえば「安価な本格的スポーツカー」だったということだ。

パワフルな12Aロータリーエンジンに、ロータリーエンジン専用のシャーシ、50.7:49.3の理想的な前後重量バランスで、とにかくシャープな切れ味のハンドリングが売り物だった。

これはある意味意図的に作られた特性で、マツダは、スポーツカー=操縦性>安定性という考えでRX-7を設計していた。この特徴は、2代目=FC3Sにもそのまま継承。

ここが肝心なところだが、じつは自動車メーカー自らが、「ピュアスポーツカー」と言い切るクルマはほとんどない。世間でスポーツカーと言われているクルマも、メーカーサイドからすれば、大半はスポーティカー、もしくはGTカーというジャンルに分類されている。

メーカー公認のピュアスポーツカー=RX-7は、「本気」と書いて「マジ」と読ませる数少ない生粋のスポーツカーだといえる。その本気度が一番わかるのは、ホイールベースの短さ。

FC3Sは、「プアマンズポルシェ」と呼ばれたSA22Cのイメージを払拭すべく、車格と車体価格(SAは新車で150万円、FCは250万円)をワンランクアップしているにもかかわらず、申し訳程度についているリヤシートにすることで、ホイールベースは2430mmと、SAとほとんど変わらない(+10mm)のショートホイールベースを採用している。

コーナリングの切れ味にこだわった乗り手を選ぶセッティング

クルマの味付けはとにかく曲がる。ニュートラルステアというより、弱オーバーステアのレーシングカー的なセッティングで、ピーキーなリヤはドライバーがコントロールするという志向。それが本来のスポーツドライビングだという発想なのだ。下手なドライバーだと、怖いと思うかもしれないが、マツダはこのシャープさにこだわった。

一方でこのFC3Sからは、リヤサスペンションにトーコントロールハブ付きのセミトレサスが採用され、独立懸架に発展(SAは4リンク+ワットリンク)。ターンインのレスポンスと、SAにはなかった直進安定性、安定したコーナリングフォースを与えようとしている。これはのちの4WSブームの走りでもあった。

エンジンは、当時最強のロータリー=13Bターボを搭載。当初185馬力だったが、最終型では215馬力までパワーアップ。マツダが重視する軽さによってもたらされるパワーウエイトレシオは、約5.6/psだった。そしてボディも当時としては進んだ空力特性で、最高速度は240km/hを誇った。

さらにブレーキには、国産初のアルミ4ポッドキャリパーを採用。曲がる、走る、止まるの3拍子が揃った、ピュアスポーツの名に恥じない一台だった。ちなみにFC3Sは、仮想ライバルとして当時のベストFR車と言われた、ポルシェ944を設定。

パフォーマンス面では、そのポルシェ944を上まわっていたが、ルックスはその944に酷似しており、リヤサスのローコントロールシステムも、ポルシェのヴァイザッハ・アクスルから学んだものなので、「和製ポルシェ」の殻を破ることには成功したとは言い難い。

1987年8月には、ロータリーエンジン生誕20周年を記念して、カブリオレが登場。ロータリー2ドアモデルのオープンカーは、あとにも先にもこのFC3Cのカブリオレのみ。合計約30万台が生産され、世界的にもRX-7=ピュアスポーツカーと認められた、昭和末期を飾った歴史的な一台だ。

【画像ギャラリー】