3連勝の仙台が首位浮上…FC東京は永井の移籍後初得点で札幌を下す/ルヴァン杯A組

写真拡大

 2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節が3日に各地で行われた。

 大宮アルディージャのホームに乗り込んだベガルタ仙台は、17分に佐々木匠が先制点をマークすると、後半に入り57分には西村拓真が追加点。その後、ネイツ・ペチュニクに1点を返されたものの、2−1で競り勝ち3連勝を達成した。

 ジュビロ磐田は柏レイソルのディエゴ・オリヴェイラに先制点を許すも、76分に川辺駿が反撃弾を挙げる。1−1で迎えた終了間際の86分、磐田はU−20日本代表の小川航基が決勝点を決め、敵地で勝利を収めた。

 FC東京対北海道コンサドーレ札幌の一戦は、FC東京が序盤から主導権を握ると、中島翔哉の折り返しを永井謙佑が左足で決める。永井はFC東京移籍後初得点となった。また、66分には飛び級でU−20日本代表に選出された久保建英が投入される。久保はドリブルで仕掛けファールを得ると、自らFKで狙ったが惜しくも枠を外れた。試合は永井の得点を守り切ったFC東京が札幌を下している。

 グループステージ第5節は26日に行われる。

■ルヴァンカップ グループA第4節
大宮アルディージャ 1−2 ベガルタ仙台
柏レイソル 1−2 ジュビロ磐田
FC東京 1−0 北海道コンサドーレ札幌
※清水エスパルスは試合なし

■順位(第4節終了時)
1位 仙台(勝ち点9/得失点差−1)
2位 札幌(勝ち点7/得失点差+2)
3位 FC東京(勝ち点6/得失点差+5)
4位 磐田(勝ち点6/得失点差−1)
5位 柏(勝ち点4/得失点差0)
6位 大宮(勝ち点2/得失点差−1)
7位 清水(勝ち点0/得失点差−4)

■第5節対戦カード(5月10日)
19:00 仙台 − 柏
19:00 FC東京 − 大宮
19:00 清水 − 磐田
※札幌は試合なし