元2NE1のMINZY、ダイエット後に変化したビジュアルに視線釘付け「MV撮影前日には、コーンサラダだけを食べた」

写真拡大 (全4枚)

ソロ歌手としてデビューした元2NE1のMINZYが、bntとグラビア撮影を行った。

グラビアでMINZYはこれまでのガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) な雰囲気から抜け出し、清純で女性らしい魅力をアピールした。MINZYは「2NE1としてのイメージが強かったので、自然とガールクラッシュのコンセプトを保っていた。内面は少女のように女性らしいほうだ。ソロ活動を始めただけに、神秘主義から離れて人々が親しみを感じられるように近づいていきたい。ダイエットも頑張っている。ミュージックビデオ撮影の前日には一日中コーンサラダだけを食べた。食べ物をやせ我慢している」と笑顔で話した。

MINZYはソロ活動について簡単に紹介した。MINZYは「ダンスと言えばMINZYを思い出す方が多いので、ソロ活動の時にダンスパフォーマンスをぜひお見せしたかった。なので『ニナノ』をタイトル曲にした。収録曲の中で『Flashlight』はパク・ジェボムと意気投合した曲だ。パク・ジェボム特有のスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) とセクシーさが感じられる」と伝えた。

独り立ちに対する不安もある。MINZYは「4人で活動していた時代と違って、一人でステージを埋めなければいけないというところが最もプレッシャーである。私のアルバムに対する記事が1つずつ上がる度に、人々が少しは前向きな反応を見せてくれて本当に安心した。まだ私を大事に思ってくださるようで本当に感謝している」と話した。

MINZYの初バラエティ番組はKBS 2TV「お姉さんたちのスラムダンク」シーズン2だ。「キム・スク姉さんのリーダーシップを信じて、出演を決めた。最も性向が合っているメンバーはホン・ジニョン姉さんだ。私は活気溢れる人が隣にいると一緒に楽しくなるタイプだ。『お姉さんたちのスラムダンク』に出演し、リアリティが私に合うバラエティ番組のスタイルだと分かった。今はホン・ジニョン姉さんにバラエティ番組のことを教わっている。姉さんの愛嬌に染まって、私も知らないうちにホン・ジニョン流の愛嬌を真似している」と言い、笑顔を見せた。

また「チョン・ソミを見ると、幼い頃の私を思い出して胸が一杯だ。16歳にデビューし、その時は世間知らずだった。社会での生活も知らず、ある状況に対する判断を正確にすることもできなかった。友達と修練会、修学旅行に一緒に行くのが夢だった」と話した。

今後の活動の予定についてMINZYは「ソロアルバムで一生懸命活動し、ファンミーティングを通じてファンと近くでコミュニケーションする予定だ。もしEDMをもとに夏に聴きやすい歌を作れる機会があれば、CNBLUEのジョン・ヨンファさんと一緒にやってみたい。ジョン・ヨンファさんの音色は夏にぴったりだと思う」と笑顔で答えた。