前半24分に追加点を決めたFW難波宏明が両手を広げて喜ぶ

写真拡大

[5.3 J2第11節 群馬0-2岐阜 正田スタ]

 J2は3日、各地で第11節を行い、FC岐阜はアウェーで最下位のザスパクサツ群馬に2-0で勝ち、3連勝を飾った。これで6試合負けなし(5勝1分)とし、5勝3分3敗の勝ち点18に伸ばした。

 ここまで1分9敗の未勝利が続く群馬が最初の好機をつくる。前半12分、MF舩津徹也のスルーパスからFW山岸祐也が右サイドのスペースに抜け出し、折り返しにファーサイドのDFチェ・ジュンギが飛び込んだが、スライディングシュートはゴール左へ。最初のチャンスを逃すと、岐阜が立て続けにゴールを奪った。

 まずは前半19分、MF庄司悦大の縦パスをFW田中パウロ淳一が受けると、こぼれ球をMF永島悠史が運んで横パス。田中の左足シュートは相手選手に当たってコースが変わり、先制のゴールネットを揺らした。同24分には庄司の左CKからファーサイドの永島が折り返し、ゴール前フリーで受けたFW難波宏明が冷静にワントラップから振り向きざまに右足で押し込んだ。

 2点ビハインドで前半を折り返した群馬は後半開始から今季チーム最多の3ゴールを記録している大卒ルーキーのFW高井和馬を投入。後半6分にはその高井がシュートを放つが、GKビクトルに阻まれた。必死の反撃に出るが、最後の精度が低く、1点が遠い。同30分、高い位置でボールを奪い、途中出場のFWマテウスからラストパスを受けた高井が右足でミドルシュートを打ったが、ゴール左に外れた。0-2の零封負けに終わった群馬はこれで4連敗。11試合を終えて1分10敗の勝ち点1のまま最下位に沈んでいる。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第11節 スコア速報