2011年ぶりとなるポールポジションを獲得した初音ミクAMG

写真拡大

2017年SUPER GTシリーズ第二戦「FUJI GT 500KM RACE」の予選が、5月3日(祝)、静岡県・富士スピードウェイで行われ、「GOODSMILE HATSUNE MIKU AMG」(谷口信輝/片岡龍也 組)がGT300クラスのポールポジションを獲得した。グッドスマイルレーシングがポールポジションを獲得するのは、2011年の最終戦以来、6年ぶり。

【写真を見る】力強いフロントフェイスとボディに描かれたイラストが対照的な初音ミクAMG

好天に恵まれ、朝から多くの観客で賑わいをみせていたこの日の富士スピードウェイ。人気キャラクター「初音ミク」のイラストが描かれたグッドスマイルレーシングのメルセデスAMGは、前戦の岡山で3年ぶりとなる優勝からの好調さをキープ。40kgのウェイトハンディキャップをものともせず、公式練習から好タイムを叩き出していた。

予選のQ1では、片岡がハンドルを握り2位で通過。Q2では、GULF NAC PORSCHE 911や、GAINER TANAX AMG GT3といったライバルを退けて、谷口が一発を叩き出した。

決勝は5月4日(祝)、14時10分から行われる。【ウォーカープラス編集部】