© Google Inc. 以下、同じ

GW(ゴールデンウィーク)期間中、車で遠くにお出かけの人も多いと思います。

ただ、同じように大型連休に遊びに行く人が多いために道路は激混み状態に。そんなとき、『Google マップ』を使えば比較的すいている道を選ぶことができます。

この記事ではGoogle マップを使ってリアルタイムに交通状況をチェックする方法を紹介します。

右上のアイコンから交通状況をチェック!

Google マップでは、右上のアイコンから現在表示している場所の交通状況をチェックできます。
アイコンをタップ後、画面下のメニューから【交通状況】をタップします。


すると画面内の道路に緑・オレンジ・赤の色が付きます。色が赤いほど道路が混んでいることを示しています。
この情報を参考になるべく赤い色の道路を通らないようにすると渋滞を回避できます。


高速道路の渋滞も分かる

先日遊園地に行ったのですが、遠方に移動するときは高速道路を利用しますよね?
Google マップなら高速道路の渋滞状況も分かります。


また、なるべく渋滞を回避できるほかのルートもタップで選べます。
2本指でピンチインするとルートの細かい交通状況をチェックできるため、道を知っている場所ではすいている道を選んで目的地に向かいましょう。


※運転中のスマホ操作は危険です。コンビニなどでの停車中に行うか、同乗者に確認してもらってください。