VIXX、5月15日に4thミニアルバム「桃源境」でカムバック…今度は東洋ファンタジー

写真拡大

ヴァンパイア、呪いの人形、サイボーグに変身した。西洋のファンタジーをマスターした。そして今回は武陵桃源を訪れる。東洋ファンタジーに目を覚ましたVIXXがそうだ。

VIXXが15日の午後6時に4thミニアルバム「桃源境」を発売する。今年に入って初めて発表するアルバムで、VIXXの大胆なコンセプトが要るタイミングだ。

するとVIXXは従来と異なるコンセプトでアルバムを準備した。デビュー以来ヴァンパイア、呪いの人形、サイボーグ、ギリシャ&ローマ神話をモチーフにした独創的なコンセプトにトライしてきた。おかげで衣装からパフォーマンスまで異国的なビジュアルが誕生した。

そんなVIXXが今回は東洋的なコードを選んだ。タイトル曲「桃源境」を全面に表現する。「桃源境」は桃の花が咲く美しい場所で、浮世を離れた理想境を意味する。VIXXが表現する武陵桃源に対する好奇心を抱かせる。

VIXXは今年デビュー5周年を迎えた。5月にはアルバム発売、展示会およびコンサートを開催し、ファンと共にデビュー5周年を祝う。5月12日から3日間ソウルコンサートを開催し、6月11日にはKBS釜山(プサン) ホールでデビュー以来初めての釜山コンサートを開催する。