LOVELYZ、新曲「今、私たち」MVを公開…愛らしくカラフルな映像に視線釘付け

写真拡大 (全2枚)

「カツカツ 明かりの下の2人 本当みたい 恋人になるみたい」

一層愛らしくなったLOVELYZだ。童話はさらにしっかりと練り込まれ、カラフルな魅力はさらにきれいに強調された。特有の淡い雰囲気をたたえる清涼感たっぷりの魅力がLOVELYZのカラーできれいに描かれた。かわいい歌詞まで加えられ、少女グループの頂点を極めた。

LOVELYZは2日午後6時、リパッケージアルバムのタイトル曲「今、私たち」を公開した。もう一度ユン・サンが率いるプロデュースチームOne Pieceとタッグを組んだ曲だ。デビューのときから続いてきたLOVELYZの世界観を魅力的に溶け込ませた曲で、LOVELYZの愛らしさと清純さが際立った。練り込まれたストーリーに淡さと清涼感を行き来するLOVELYZならではのカラーが加えられ、多彩な魅力の曲が完成した。

「今、私たち」は平凡ではない。まずLOVELYZのこれまでの楽曲のうち、BPMが最も速い曲だ。エレクトロニック・ダンスジャンルで、片思いをカラフルに描いた。夢と現実を行き来する清涼感、さらにパワフルになったボーカル、美しいストーリーが相乗効果を発揮した。LOVELYZの名前のように愛らしく中毒的だ。

「今、あなたと私とすべてが嘘みたい/あなたと1分2分時間が全部嘘みたい/夢なのかな? 違うかな? もうろうとした気分なの/あなたが好きなんだって、私を/どうしよう 本当みたい/カツカツ 明かりの下の2人/ぐるぐる私の両目はあなたに沿って/ふわりふわり足並みを揃えてみる私/本当みたい 恋人になるみたい」

特に、この曲は「Ah-Choo」「Hi!」に続き、One Pieceと作詞家ソ・ジウムの相乗効果が発揮された曲だ。LOVELYZは彼らと一緒に、長かったラブストーリーに終止符を打った。また「Destiny」と「WoW!」そして「今、私たち」に続くハッピーエンドを歌っている。
一番少女らしくて一番LOVELYZにぴったりの魅力を着て帰ってきた、練り込まれたストーリーで長所を活かしたLOVELYZだ。3部作を終え、新たに始まるもう一つのLOVELYZのストーリーが楽しみだ。