欠場が続くエバートンMFレノン…代理人がストレス性疾患で治療中と発表

写真拡大

▽エバートンの元イングランド代表MFアーロン・レノンがストレス性の疾患により治療を受けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽今シーズンのレノンはここまでプレミアリーグで11試合に出場。しかし、2月11日の第25節ミドルズブラ戦に途中出場して以降は欠場が続いていた。

▽4月4日のマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、エバートンのロナルド・クーマン監督は「フィジカルが整っていなく、チームの一部ではない」とコメントしていたが、2日にレノンの代理人が声明を発表。治療中であることを明かした。

「アーロン・レノンは現在、ストレス性の疾患について治療を受けている。クラブは彼を支援しており、彼の家族はプライバシーについて訴えている」

▽声明からも非常にデリケートな状況であることがうかがえ、詳細については明かされていない。