2日、中国外交部の耿爽報道官は定例記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領が1日、同国のダバオに停泊している中国軍艦を視察したことについて「日増しに深まっている双方の政治的相互信頼関係の表れだ」と述べ歓迎した。

写真拡大

2017年5月2日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領が1日、同国のダバオに停泊している中国軍艦を視察したことについて「日増しに深まっている双方の政治的相互信頼関係の表れだ」と述べ歓迎した。中国中央テレビのニュースサイトが伝えた。

中国のミサイル駆逐艦「長春」を含む中国の軍艦3隻は先月30日、ダバオに寄港し、3日間にわたる友好訪問を開始した。軍艦を視察したドゥテルテ氏はメディアに対し「非常に印象深い」と語ったと伝えられている。

耿報道官は「中国は、ドゥテルテ大統領が中国海軍の軍艦を視察したことを歓迎する。これは日増しに深まっている双方の政治的相互信頼関係の表れだ」とし、「両国関係は昨年、共同の努力の下で全面的に改善した。両国は実務的な協力を全面的に展開し、多くの分野で明らかな成果を挙げている」と強調した。(翻訳・編集/柳川)