Highlight ヨン・ジュンヒョン、新曲「Too Much Love Kills Me」「Wonder If」を公開…“慰め”ではなく“共感”

写真拡大

Highlightのヨン・ジュンヒョンが新曲「Too Much Love Kills Me」「Wonder If」を公開した。

ヨン・ジュンヒョンは2日午後6時、全音楽配信サイトを通じて1年ぶりのソロデジタルシングル「Wonder If」を発売して音楽界にカムバックした。

ヨン・ジュンヒョンが作詞、作曲したタイトル曲「Too Much Love Kills Me」はシンプルでミニマルな編曲が際立つPB R&Bジャンルの曲で、甘いピアノラインとユニークなサウンドが際立つ曲だ。

ヨン・ジュンヒョンは今回のニューアルバムを通じて、人々が共感できる愛と別れに対する率直な気持ちを綴った。

特に、「君は良い子でもないのに、なぜずっと考えてしまう」「君は好きな服の染みみたい。捨てたくても捨てられないじゃない」「行き過ぎた愛は体に悪い 強くて強い酒、立て続けに吸うタバコよりもっと」「結局は感情に取り憑かれて、大丈夫だったものまで壊してしまう」など、淡白で包み隠さない歌詞が印象的だ。

また、Heizeがフィーチャリングした二番目の新曲「Wonder If」では、先の楽曲とは違って、別れた後、愛する彼女を恋しがる心を淡々と綴った。

ヨン・ジュンヒョンは今回の新曲を通じて、グループとして披露できなかった自身だけのストーリーを率直に表した。現実的な歌詞を通じて、“慰め”ではなく“共感”を披露する予定だ。

同時に公開された「Wonder If」ミュージックビデオでは、過去の愛のため辛い思いをしているヨン・ジュンヒョンの演技力が引き立つ。感覚的な映像も視線を奪う。

ヨン・ジュンヒョンは2日、ソロアルバムを発表以降、本格的な放送活動に入る。