KNK「BTOBのソンジェ先輩と、釣りサークルを作りたい」

写真拡大 (全3枚)

ボーイグループKNK(クナクン) のグラビアが公開された。

スーツにチョーク、スカーフなどを着こなしながら、カリスマ性溢れる男に変身したKNK。また、シルキーなパジャマシャツとブラックのファージャケットなどでシックなファッションを披露し、視線を集めている。首と手には、タトゥーのシールを入れてポイントを加えた。

インタビューで彼らは、自分たちを一言で定義してほしいという質問に「末永く残るグループ」「やりたいことも、夢も大きいグループ」など、彼らの素朴な願いが盛り込まれた定義を出した。そして宿舎生活をしているだけに、お互いの独特な習慣を暴露し合った。

末っ子のヒジュンは「ジフン兄さんはベッドに横になってゼリーを食べます。子どもっぽい面があると思う」とリーダーのジフンに言及。するとリーダーのジフンは「ヒジュンは薬菓(韓国の伝統菓子) と白い牛乳さえあれば、どこにでも行けると思う」と愛情を込めて言い返し、和気あいあいとした雰囲気を醸し出した。

さらにメンバーのスンジュンは「何かを収集しようとする癖があります。漫画のキャラクターに夢中になっていた時は、ポケモンシール、遊戯王のカードなどを集めてました。子どもの時は弟に勝ちたくて、4万ウォンもの遊戯王カードを買ったことがあります。幼心にも負けたくなかったんだと思います」とエピソードを公開し、負けず嫌いな一面を見せた。

インソンは「天気がいい日は漢江に行って釣りをします。BTOBのソンジェ先輩も釣りが好きなので、アイドルたちの釣りサークルを作ったら面白そう」と釣りに対する情熱を見せた。最後にユジンは「大学路に行って演劇を見るのが好きです。ミュージカルやコンサート、映画も観に行きます。最近は映画「アイデンティティ」(2001年/アメリカ) を観て、その余韻が長く残っているんです。予想できない結末で終わるような、どんでん返しがあるような、観客を考えさせる映画が好きです」と個人的な好みを明かした。