@AUTOCAR

写真拡大

テスラの大型トラック 9月発表

テスラのCEO、イーロン・マスクが、日本でもお馴染みのTEDのトークセッションに登場。その席で、9月にローンチするテスラの大型トラックについてプレビュー・イメージを公開した。

イーロン・マスクは、将来の方向性について話が及ぶと、トラックに関する話をはじめた。

長距離走行ができ、過酷な使用に耐えるHGV(Heavy Goods Vehicle:重量物運搬車)というのは実現可能なのだという。具体的な航続距離については触れなかったが、ロングディスタンスの連続走行も現実的なようだ。

エアロダイナミクスも航続距離を伸ばす要素

スタイリングの大部分は、プレビュー・イメージでは確認できないが、L字型のデイタイム・ランニングライトにテスラらしさを感じる。

先細りになっているキャビンの形状から察するに、エアロダイナミクスも大きな特長となるだろう。

マスクCEOを驚かせたトルク

マスクは、現存するどんなトラックよりも強力なトルクを発揮すると話しており、開発車両のステアリングを握ったときには、あまりの敏捷性に驚いたという。

「まるで、スポーツカーですよ」というのがマスクの見解だ。

テスラは、今後数年間に、モデルYという小型SUV(AUTOCARの予想イメージ参照)、エレクトリック貨物車両、ミニバス、ピックアップ・トラックを導入していく意向だ。