J2最速?水戸FW前田大然、異次元の「スピード」で相手をぶっちぎる

写真拡大 (全2枚)

弱冠19歳ながら、水戸ホーリーホックで出色の活躍を見せている快速FW前田大然。

第6節のレノファ山口戦では対峙していた渡辺広大を圧巻のスピードでぶっちぎり、鮮烈なインパクトを残した。

そんな前田は第6節以降、全ての試合で先発出場。

先週末に行われた町田ゼルビア戦でも、自慢の脚力で相手DFをきりきり舞いさせた(01:47から)。

こちらは1-0でリードし迎えた34分。

ハーフウェーライン近辺でボールが大きくバウンドすると、水戸の選手がこれを相手DFの背後へ。するとここに前田が走り込み、あっという間に増田繁人を追い抜く!

そしてペナルティエリア内へと進入すると、最後は白井永地が押し込みリードを2点にした。

ボールが出る直前、前田と増田の間にはこれだけの距離ができていたのだが…恐るべき前田のスピードである。

このシーンについて前田は、「ああいう形が最近多いので、そこをゴールにつなげたいと思っていました。自分でシュートまで行くことも大事ですし、アシストすることも大事。アシストできて良かったと思っています」とコメント。

それにしてもこのスピード、ひょっとしたらJ2最速かも?

25分には、得意とするチェイシングからチャンスを演出(01:11から)。

前田は献身性も非常に高いため、相手のGKやDFとしては正確なプレーが必要となる。

72分にはヘディングでゴール!

前田はこの試合、全ゴールに絡む活躍を見せ、見事チームの勝利に貢献したのだった。