【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は3日、李柱烈(イ・ジュヨル)同行総裁が5〜8日に日本で東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)財務相・中央銀行総裁会議、アジア開発銀行(ADB)年次総会、国際決済銀行(BIS)総裁会議に出席すると伝えた。

 5日に横浜で開かれるASEANプラス3財務相・中央銀行総裁会議で、李氏は域内の金融・経済動向を議論し、緊急時に外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアチブ」の拡充などについて意見を交わす。
 6日には同じく横浜でADB年次総会に出席し、中尾武彦ADB総裁をはじめとする国際金融機関の要人とグローバル経済状況を議論する予定だ。7〜8日には東京で開かれるBIS総裁会議に出席する。
 李氏は4日に日本へ向かい、9日に帰国する予定だ。
tnak51@yna.co.kr