韓国ヒュンダイのフルサイズ・クロスオーバーSUV「サンタフェ」次期型をキャッチしたその時、事件は起こりました。

場所はヒュンダイ自動車ドイツ開発センター付近です。契約カメラマンがプロトタイプを撮影していると、センター警備員が近寄ってきて、カメラマンを抑えつけたといいます。

さらに殴打までされたため、警察騒ぎにまで発展。その後は迅速に終息したといいますが、カメラマンも命がけです。

次期型に話を戻しますが、マスクで覆われたフロントエンドには新型「ソナタ」に似たグリル、スリムなヘッドライト、六角の大口エアダクトが確認できるほか、リアにはシャープなテールライトのデザインの一部が見えます。

また、2017年夏に発売予定の新型SUV「コナ」とは、共通のスタイリングを持たせるといいます。シートレイアウトは2列5人と3列7人乗りが用意され、ガソリン、ディーゼル、PHVのパワートレインラインナップを予想しています。

ワールドプレミアは2018年秋が有力です。

(APOLLO)

カメラマン襲われる!韓国・ヒュンダイのテスト車両激写に警備員が激怒(http://clicccar.com/2017/05/03/469286/)