60歳でアートに目覚めた現役医師、自宅は美術館顔負けの空間

写真拡大

アートを通して100年先を生きる──。匿名の医師、Dr.Nのメガコレクションを石坂泰章が訪ねた。

観る者を唸らせるコレクションでは、作品どうしが互いの作品を高め合う──。

東京近郊のN氏宅にうかがうと、いつもそう感じる。現代美術最大の巨匠のひとり、ゲルハルト・リヒター(ドイツ)の油彩・水彩・写真が大小織り交ぜて30点以上。ただあるのではない。アーティストの表現の流れをきちんと反映している。それゆえ、かえって作風の多面性も見えてくる。

かと思えば、別の一角には20世紀初頭のコンセプチュアル・アートの祖マルセル・デュシャンのボックスが展示され、美術史に影響を与え続けるそのセンセーショナルな作品のミニチュアや写真が独特な存在感を放っている。

それぞれの展示スペースにおいて、「あくまでもアートが主役」という理念が見事に貫かれている。5mはあろうかという天井高、自然光を中心とした採光、ミニマルな室内装飾、塗り直しまでして得た究極的に白い壁面……。


自然光が差し込むエントランスは写真作品のギャラリーになっている。杉本博司が捉えた光を、やわらかな光の中で眺める至福!

観ているのはアーティスト自身による作品であることは言うまでもないが、コレクターによって作品が新たな極みに引き上げられたのではと錯覚するほど、まさに美術館顔負けの空間だ。
 
この端倪すべからざるコレクションの主N氏は、IT長者でもなければ、流行の先端をゆくファッションブランドのオーナーでもない。85歳にして現役の眼科医である。


マルセル・デュシャンのマルチプル<トランクの箱>の前で。右は筆者。「便器もアートになる」──デュシャンの思想はN氏が現代美術に開眼するきっかけとなった。

60歳で引き込まれた現代美術の世界

N氏を10年来存じ上げているが、収集に本格的に取り組み始めたのは60歳を迎えてからという遅咲きのアート・コレクターだ。自らを「一つのことに熱中する性格」と評するN氏だが、40代の頃は、医師会役員として会議・会合に忙殺される日々だった。

印象派、カンディンスキー、モンドリアンなど、近代の美術には50代から興味を抱いていた。現代美術に深くのめり込むきっかけとなったのは、1990年代の初め、美術評論家・篠田達美の「モダンアート100年」を受講した60歳の時。「大量生産される便器でもアートになる」というデュシャンの思想に衝撃を受ける。

「100年後に評価されるアートに今触れることは、100年先を生きているのと同じ」という気づきからN氏は一気に現代美術の世界に引き込まれていった。

とはいえ、眼科専門医として多忙を極める日々である。年に3回(年末年始・GW・夏休み)の貴重な休みには、欧米の現代美術館やギャラリーを強行軍で巡った。海外で移動する列車の中でも寸暇を惜しんで美術書を読んだ。
 
実は当時、「モネの白内障」「ゴッホの病気」などの医師ならではの切り口で、医師向け雑誌のアートに関するコラムを、10年にわたり執筆もしていた。そう、凝り始めると何事においても突き詰めずにはいられないタイプなのだ。
 
ドローイングや版画のコレクションも充実している。サイ・トゥンブリー、河原温、リュック・タイマンス、ジグマー・ポルケ。現代美術の巨匠たちによるクオリティの高い作品がキラ星の如く並ぶ。
 
リキテンシュタインの版画「金魚鉢」もその一つ。毎朝目を覚まし、ベッドルームの壁に掛かったこの作品を眺めるのが楽しみだという。

アートへの情熱が高まっていたときに出会ったのが現存する最大の巨匠・リヒターの作品だった。当時は安価で入手していたのに、今では億単位の高額評価に驚いている。
 
感心するのはN氏の思い切りの良さだ。良いと思った作品は、時には売却を躊躇する画廊を口説いてまで手に入れた。あれこれ理由をつけてチャンスを逃す「タラレバ・コレクター」とは対極の決断力だ。

自宅を建て替え、こだわりの空間に

コレクションが充実するにつれて、N氏はその価値に見合った空間で鑑賞したいという夢を持つようになったという。
 
そこで、自宅を建て替えた。2003年、70歳の時だ。アメリカの有名美術館建築にも携わった某建築家に、現代美術と建築の相乗効果が生きるこだわりの空間の設計を依頼した。
 
現在も医師として多忙を極めるN氏にとって、このギャラリーでジャズ音楽を聴きながら絵を眺めるのが憩いのひとときだ。自然光によって変化する作品の表情。朝方見えなかった作品の色が、午後の光で見えてきたりする。一瞬たりとて同じ表情はない。一筋縄ではいかない作品たちを眺めながら、N氏はさらなる百年先に思いを馳せる。


ゲルハルト・リヒターのペインティングを前に。複雑なレイヤーを見せるその作品は、天井から自然光を採り入れた空間で、刻々と表情を変える。