毎日のように使う、電子レンジ。だから電子レンジの内側は、あっという間に汚れてしまう。でも汚れを拭き取ろうと思っても、意外と落ちづらいのでは? そんな頑固な汚れも、簡単に解決するコツがある! さっそく今晩やってみて。

電子レンジの内側に硬くなってこびりついた食べ物やソースは、こすり落とすことができない。そして、本当にすみずみまでキレイにしたいと思ったら、回転トレイを取り外すなど、器具をばらばらにして洗わなければいけない手間のかかる作業になる。そんな電子レンジの庫内の汚れを、スピーディーかつ簡単に掃除できる技があるという。今すぐトライしたくなるシンプルな方法だから、日常的に掃除しやすいというのもメリットだ。

その簡単トリックはこちら!
 
1. 酢と水を同じ分量で耐熱用ボウルに入れ、そこに楊枝か木製のさじを入れる。
2. 1を電子レンジに入れて、10分温め、オーブン用手袋を使って電子レンジから取り出す。
3. 濡れたスポンジで庫内を拭き取る。 

10分温めたあとは、庫内が湯気で満たされ、こびりついた汚れが落としやすい状態に。とくに汚れがひどい場合は、酢と水を285mlくらいずつ入れるのがベスト。ちなみに、楊枝などを入れる理由は、熱くなった液体があふれ出すのを防ぐ役目があるからだそう。

original text: Sarah Weinberg translation: Midori Oiwa photo : Getty Images

>>『delish』のオリジナル記事はこちら

※この記事は、海外のサイトで掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。