カンヌ招待作「悪女」キム・オクビン、最精鋭の殺し屋に完璧に変身

写真拡大 (全2枚)

俳優キム・オクビンが映画「悪女」で最精鋭の殺し屋に完璧に変身した。

NEW側は最近、「悪女」のカンヌ映画祭の公式スチールカット11枚を公開した。

キム・オクビンの強烈な演技変身が際立つ。写真で彼女は、最精鋭の殺し屋スクヒ役割に完全に憑依した姿だ。本当の姿を隠して国家秘密組織の要因として生きて行く人物を演じた。

高難易度のアクションシーンも披露した。キム・オクビンは銃、刀、斧などの武器を自由に扱うことはもちろん、走るバイクやバスの外側にぶら下がった状態でも迷わずに任務を随行する。

キム・オクビンは実際に合気道、テコンドーの有段者でアクション本能を思う存分発揮、今まで見たことのない新しいアクション映画の誕生を予告した。

ここにターゲットに向かった鋭い眼差しまで加わり、生きるために毒気を含んだ彼女が今後見せる、鋭いアクションに対する期待感を高めた。

シン・ハギュンはスクヒを殺し屋として育てたジュンサン役を演じ、恐ろしいオーラを放った。殺人兵器であるスクヒの前でも何気ない、余裕のある表情が印象的だ。

ソンジュンはスクヒの周りを回る謎の男ヒョンスとして登場、緊張感を形成した。キム・ソヒョンはスクヒをスカウトし、任務を伝える国家秘密組織の幹部クォンスク役を演じ、ガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと) をアピールした。

「悪女」は「第70回カンヌ国際映画祭」の公式招待作で、韓国では6月に公開される予定だ。