2日、環球網は、中国で急速に進むキャッシュレス化に日本人がかつてないほど驚き、称賛していると伝えた。

写真拡大

2017年5月2日、環球網は、中国で急速に進むキャッシュレス化に日本人がかつてないほど驚き、称賛していると伝えた。

【その他の写真】

記事は、日本在住の中国人ネットユーザーが先日、日本の著名掲示板サイトで「すごい勢いで進む中国のキャッシュレス社会、既に想像のはるか上に到達」という中国を称賛する文章を発見、北朝鮮のミサイル発射関連ニュースよりもはるかに多くの人がコメントが寄せられていたと紹介。さらに、ツイッターでは「中国のキャッシュレス社会」が一時ハッシュタグトレンドのトップ10に入ったとした。

文章には、中国のコンビニでは現金決済が11%に過ぎない、内陸の雲南省にあるケンタッキーフライドチキンどころか、屋台や露店ですら微信(Wechat)決済が可能、寺にも電子マネー専用賽銭箱が出現し、結婚式の祝儀もキャッシュレス…といった内容が書かれていたという。

そして、日本のネットユーザーから「中国人は日本旅行に来る前に『日本は遅れているから現金を持って行くように』と言われるのではないか」「まるで江戸時代の人が現代の技術に驚くような感じ」「われわれはすでに中国に先を越された」といった感想が寄せられたことを紹介した。

記事は、これらの感想を見た中国人ネットユーザーが「彼らは中国をばかにするのをやめて、突然自己卑下するようになった」「実のところ、日本の掲示板やツイッターを長い間見てきたが、日本人がこれほど中国を褒めるのは初めて見た」と評したことを伝えている。(翻訳・編集/川尻)